「百家争迷」

歴史に照らし現代を見る。

内閣支持率急落にも報道機関違い。※フジ産経と読売はほぼ同じ、不支持、支持の逆転はない。左派新聞の差は大きい。

2017-06-19 13:00:10 | 歴史は語る
内閣支持率急落に政界は
FNNがこの週末行った世論調査で、安倍内閣の支持率は、5月から8.5ポイント下がり、47.6%と、およそ1年ぶりに5割を下回った。
世論調査での内閣支持率の急落について、政府与党内の反応だが、閣僚経験者からは、「予想通り厳しい。首相の友人に始まった話なので、挽回には苦労するかもしれない」、「加計学園の影響だ。最後まで政府答弁があいまいだった影響だ」との厳しい声が上がる一方、別の閣僚経験者は、「大して下げていない。すぐにまた上がる」と、支持率回復は、十分可能との見方を示している。
一方、民進党の笠国対委員長代理は、「一強体制の長期政権がゆえのおごりが、国民の皆さんの不信を招いているんじゃないかというふうに思ってます」と述べた。
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 維新の小池都政に対する攻め... | トップ |  年代別内閣支持率「30代以下... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。