「百家争迷」

歴史に照らし現代を見る。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

なりふり構わぬ蓮舫民進党 「国連」ケナタッチ氏の書簡を御旗※翁長知事と同じ国を超えて反対活動の非常識。

2017-06-16 06:45:14 | 歴史は語る
なりふり構わぬ蓮舫民進党 「国連」ケナタッチ氏の書簡を御旗に“共謀罪”阻止の正当性を主張・
組織犯罪処罰法改正案の採決が始まり、鈴木淳司衆院法務委員長(中央左)に抗議する民進党の山尾志桜里前政調会長(同右)ら野党議員=5月19日、衆院第14委員室(斎藤良雄撮影)
  民進党が、「テロ等準備罪」を新設する組織犯罪処罰法改正案の廃案に向けて勢いづいている。国連の特別報告者、ジョセフ・ケナタッチ氏が公開書簡で改正案に懸念を示したからだ。ただ、この書簡には政府側の見解は盛り込まれていない。しかも、外務省の求めを振り切り、国連のホームページ上に掲載した。民進党のセンセイ方にとっては、作成途中の一方的な書簡であっても、「国連」の名前が冠されていれば、お構いなしのようだ。
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« こんなにある民進・蓮舫代表... | トップ | 週刊ポストの小池新党「女性... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

歴史は語る」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。