「百家争迷」

歴史に照らし現代を見る。

「ウソ」も繰り返して言えば、「真実」になる…トランプ大統領の発言※それは中韓のお家芸、有象無象になったトランプ。

2017-06-18 17:09:36 | 歴史は語る
「ウソ」も繰り返して言えば、「真実」になる…トランプ大統領の発言と「真理の錯誤効果」 同じ文言を何度も繰り返していると、そのうち事実とは関係なく「真実」として受け入れられ始める。こうした「真理の錯誤効果」をトランプ大統領は、ツイッターのみならず大統領令でも利用しようとしているようだ。

トランプ大統領の発言と「真理の錯誤効果」についての考察
PHOTOGRAPH BY KEVIN MAZUR/GETTY IMAGES

こんな話が人々の間でまことしやかに語られている。たとえば、「人間は脳の10パーセントしか使っていない」「ニンジンを食べると視力が上がる」「普通の風邪はヴィタミンCで治る」「米国での犯罪率は史上最高の水準に達している」--。

これらはすべて嘘だ。
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 小池知事、市場移転「AかBだ... | トップ | 内閣支持率36% 前回から... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。