「百家争迷」

歴史に照らし現代を見る。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

「一国二制度が危機」 香港の雨傘運動元リーダー会見※中国の人権無視に興味なしの日本の左派。

2017-06-15 18:57:42 | 歴史は語る
「一国二制度が危機」 香港の雨傘運動元リーダーらが都内で会見
香港民主化デモ「雨傘運動」の元リーダー、黄之鋒氏(中央)=3月26日、香港(ロイター)
 香港の中心部を占拠したデモ「雨傘運動」元リーダーの黄之鋒氏(20)らが15日、日本記者クラブ(東京都千代田区)で会見し、「雨傘運動後も(民主活動家への)政治的な迫害が進んでいる。一国二制度は危機的状況で、一国一・五制度に変容した」と現状を訴えた。黄氏は中国政府を批判した書籍を出版した香港の書店関係者が拘束された事件などに触れ、「三権分立、司法の独立のほか、個人の安全も脅かされている。何が香港で起きているのか
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 19文書のうち14文書の存... | トップ | 野田幹事長「民主主義に汚点... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

歴史は語る」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。