「百家争迷」

歴史に照らし現代を見る。

民進「下手すぎる」国会戦術、テロ準備罪の質疑※大木流して小木クズ拾う。

2017-06-14 06:06:10 | 歴史は語る
民進「下手すぎる」国会戦術 テロ準備罪の質疑 法相問責で散会 自民「延長幅短く済む」「共謀罪」法案に反対する抗議集会で、あいさつする民進党の蓮舫代表=13日夕、東京・日比谷野外音楽堂 民進党は13日、「テロ等準備罪」を新設する組織犯罪処罰法改正案の参院法務委員会での採決阻止を狙い、金田勝年法相の問責決議案を参院に提出した。与党から「13日は採決しない」との確約が得られず、疑念を捨てきれずに問責に踏み切った。ただ、これにより13日の同委は質疑の途中で散会。ちぐはぐな国会戦術の末に蓮舫代表が向かった先は院外の反対集会だった。(松本学)

 問責提出後に開かれた参院法務委の理事会では、与党筆頭理事の西田昌司氏(自民)と野党筆頭理事の真山勇一氏(民進)の間に気まずい空気が漂った。

 真山氏「『採決しない』との確約があれば質疑をやるつもりでいた。大臣の答弁や全体の状況を見て問責決議案を提出した。理解していただきたい」
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 「再交渉」一転取り消し 韓... | トップ | テロ準備罪、会期末へ攻防…※... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。