「百家争迷」

歴史に照らし現代を見る。

豊洲移転問題、留まるも地獄移るも地獄 補償費用は1日1300万超※そんな状況を作ったの誰?

2017-06-13 14:22:20 | 歴史は語る
豊洲移転問題、留まるも地獄移るも地獄 補償費用は1日1300万超
 豊洲移転か築地改修か、未だ結論が出ない東京都中央卸売市場問題。先延ばしにすればするほど、また余計な費用がかかっていく。豊洲移転を、経済的な視点から見るとどのような問題があるのだろう。 経済ジャーナリストで大正大学客員教授の渋谷和宏氏は、「築地に留まるも地獄、豊洲に移るも地獄」と話す。4月に採取した水から環境基準の100倍のベンゼンが出てきた豊洲には、市場の建設に6000億円が投入されている。そして地下水対策には、またさらに費用がかかることとなる。一方で豊洲移転をやめ、築地改修案で進める場合、前提となるのが豊洲用地の売却だ。3千~4千数百億円で売却し、これまで豊洲にかけた費用をいくらか回収するということが条件となってくる。しかし、豊洲の用地をそんな金額で売れる保証はどこにもない。となると、どちらにも莫大な費用がかかる。

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 菅義偉官房長官「政府が報道... | トップ | パナマ、中国と新たに国交を... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。