カメラ大好きおばあちゃん

極々近場を一人気ままにウロウロし、目に留まった光景を投稿しています。

ダイビル本館とその界隈の光景 (大阪市北区中之島3丁目)

2016年09月18日 | 写真
ダイビル本館を建設するにあたって解体される旧ダイビルは、1926年渡辺 節の設計で建てられた、ネオ ・ロマネスク様式の大規模なビルディングです。 同じ渡辺 節の設計である神戸の商船三井ビルディングと並び、 大正期の大規模オフィスビルとして現存する最後のものです。 しかし老朽化及び土地利用の見地から旧ビルの解体と高層ビルへの建て替えを発表し、 歴史的に重要な建築物の保存の見地から論議となりました。
旧ビルを解体して跡地に建設された低層部には旧ビルの外装に使っていたレンガの約8割、石材の装飾品を可能な限り再利用して、 近代建築として評価の高い外観やエントランスホールを再現
するよう配慮したものとしています。2013年2月28日竣工(フリー百科事典 ウィキペディアより)

ビル正面の様子












ビル西側の様子






ビル裏側の様子ですが水と緑で涼しげでした。


『写真』 ジャンルのランキング
コメント (2)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 八軒家浜船着場 水辺船上演奏... | トップ | ダイビル本館とその界隈の光... »
最近の画像もっと見る

2 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
風格有るビル (maria)
2016-09-19 22:43:30
こんはんは。
ダイビル本館はなかなか風格のあるビルですね。
これは壊してしまったらもったいないです。
私も夏に久しぶりに日本橋の三越へ行きましたが、古い建物は贅沢に出来ているなあと感心しました。
裏側の水と緑の空間も新しいけど素敵ですね!
いつもありがとうございます。
おはようございます (ひこばあちゃん)
2016-09-20 08:16:07
maria さん コメント有り難うございます。

ダイビル本館は道路を隔てて眺めたことは何度かありましたが、側まで行ってその周辺をゆっくり散策したのは初めてでした。
まるで低層部の旧ダイビルはそのまま残し上に高層部を乗っけたように見えます。

コメントを投稿

写真」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。