雪だるま倶楽部

日々を離れ
日常から脱却した世界
そんな風景を切り取っています

坂の上の異人館

2017年07月12日 | 兵庫散策
王兆銘が
南京に親日政府を樹立したのは1940年のこと



その折
ここが領事館となった



邸内の装飾はオリエンタル



あの
独特の旋律が聞こえてくる気がする



優雅に座し



景色を見下ろしながら



一杯の茶を楽しむ



そういう雰囲気が
この邸宅にはある



久しぶりの異人館巡り
ここから始めた

『写真』 ジャンルのランキング
コメント (12)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 松尾大社 | トップ | 北野外国人倶楽部 »
最近の画像もっと見る

12 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
Unknown (アンジェラおばさん)
2017-07-12 06:39:35
異国に駐在する中国人の心を
慰めた調度品の数々は
今やお宝となって現地日本の人の目を
楽しませてくれているわけですね。
Unknown (sink)
2017-07-12 07:56:44
おはようございます
しっとりした良い写真ですねぇ~
この中も殺意OKなのですね?
色と言い、質感と言いとても感じが良いですね♫
Unknown (hotter)
2017-07-12 13:57:34
旧中国領事館を坂の上の異人館と云うのですね
知りませんでした。
旧チン邸で昭和15年築だそうですよ。
Unknown (j-garden-hirasato)
2017-07-13 06:55:10
室内灯のカバー、
鳥かごみたいでオモシロいデザインです。
ここが領事館だった頃は、
高層ビルもなかったでしょうから、
海がもっと見えていたでしょうね。
その海を見つめながら、
祖国の将来に想いを馳せていたのでしょう。
Unknown (yaguchitenga)
2017-07-13 18:45:02
神戸の異人館でしょうか
優雅な雰囲気に、うっとりしました
アンジェラおばさんおはようございます (雪だるま)
2017-07-14 05:13:55
本場中国の調度であることは間違いないと思います
ただ当時の調度が残っているかは不明
というのも、神戸の異人館
観光地としての価値を上げるために
適当にアンティークを詰め込んだ建物もあり
実際が良くわからないのです
sinkさんおはようございます (雪だるま)
2017-07-14 05:15:39
神戸の異人館
常時見学が可能な建物が数多くあり
その全ての建物で
どこを撮影してもOKとなっています

今回は建物内スナップを楽しみました
hotterさんおはようございます (雪だるま)
2017-07-14 05:17:40
この建物は
北野異人館街の中では
最も高い位置にあり
建物東横の通りは急坂
それで坂の上の偉人館という別名が付けられたんでしょうね
j-gardenさんおはようございます (雪だるま)
2017-07-14 05:19:52
中国式の調度ですが
この鳥かごのようなシェードが
本当にシェードとして作られたのかはちょっと解りません
神戸の異人館は
建築当時の位置が違ったり
調度は観光目的で集められものが展示してあったり
と、歴史好きが訪れたら不満だらけ
この建物も、建築当時からここに建っていたのか?
調べてみます
yaguchitengaさんおはようございます (雪だるま)
2017-07-14 05:21:28
こちらは神戸の異人館です
常時見学可能な異人館が
神戸は北野坂に点在しています

今回は全部で9箇所巡りまして
そのときの写真を順次公開していく予定です
Unknown (彩)
2017-07-15 18:35:07
こんにちは~
領事館だった建物なんですね。
ランプの形が壺のようで傘のシルエットのバランスが
微妙ですね。
天井の明かりが鳥かごに見えてなんだか
落ち着かないのは私だけ^^;
彩さんおはようございます (雪だるま)
2017-07-17 05:17:42
こちら確かに中国領事館として使用されたようですが
展示してある調度が
その当時のものなのか
それとも後から収集したものなのか
今一不明ですね

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。