雪だるま倶楽部

日々を離れ
日常から脱却した世界
そんな風景を切り取っています

近衛邸跡

2017年05月12日 | そうだお金を使わずに京都を巡ろう
藤原北家近衛流の嫡流



藤原忠通の長男
近衛基実が祖



室町の東の邸宅を
近衛殿としたことから
近衛の家名が生まれた



明治の代まで
代々受け継がれた家紋は近衛牡丹



邸宅は
京都御所北西の端にあった



今日
建造物を見ることは出来ないが



邸宅跡には
かつての庭園の名残があり



枝垂桜が見事に咲く



今年は残念ながら
雨天での鑑賞となった

『写真』 ジャンルのランキング
コメント (8)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 北野天満宮 | トップ | 京都御所 »
最近の画像もっと見る

8 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
Unknown (j-garden-hirasato)
2017-05-12 05:48:55
近衛邸跡には、
復元された庭園を見に行きましたが、
季節が春ではなかったので、
枝垂れ桜のイメージはありませんでした。
なかなかイイものです。
桜の頃の京都、
一度くらいは、行ってみなくては。
Unknown (halkyoto)
2017-05-12 06:27:19
ここの枝垂れ桜、わりと早く咲いてきれいで、花見客も多いですね。(^^;)
ところで枝垂れ桜の寿命はどのくらいなんでしょう?
今の桜が元の時代のものでないでしょうし。
Unknown (yaguchitenga)
2017-05-13 11:04:17
満開の枝垂れ桜が見事に咲いていますね
結構、樹齢があるような感じを受けました
Unknown (彩)
2017-05-13 22:00:44
こんばんは~
しっとりとした桜いいですね。
人がいないなんて奇跡的~と思ったら
雨だったのですね。
今年は週末のお天気と桜の見ごろが合いませんでしたね。
雨でもこれほど艶やかに綺麗に写されていて流石ですね。
j-gardenさんおはようございます (雪だるま)
2017-05-16 05:32:04
どういう風に邸宅があり
どこが庭園だったのか
現地を歩いても今一不明です
桜の木々は邸宅があった当時も咲いていたでしょうから
そこらへんに屋敷があって
なんていつも想像しています
halさんおはようございます (雪だるま)
2017-05-16 05:33:57
こちら
最も早く咲く部類に入りますね
ここが満開になる頃
蹴上も咲きます

枝垂れ桜
古い木々だと樹齢1000年というものもあります
ここの枝垂れ桜も邸宅があった当時も咲いていた事でしょう
yaguchitengaさんおはようございます (雪だるま)
2017-05-16 05:34:57
枝垂れ桜としては立派な大きさです
大きな枝垂れ桜がが数本あり
若木が脇に控えています
彩さんおはようございます (雪だるま)
2017-05-16 05:36:34
訪れたのは9時ごろでしたので
結構賑わっていました
ただ、そこそこの雨だったので
人出もそれなりでした

雨天の背景で
桜の花びらが沈まないようにと考えて撮っていました

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。