雪だるま倶楽部

日々を離れ
日常から脱却した世界
そんな風景を切り取っています

京都府庁旧本館

2017年05月19日 | そうだお金を使わずに京都を巡ろう
明治37年に竣工した
現存する日本最古の官公庁建造物



府庁としての機能は新庁舎へと移行したが



現在でも
執務室や会議室として使用されている



桜の季節の頃



庁舎中庭には6本の桜が花を咲かせる



祇園しだれ桜
紅一重しだれ桜
紅八重しだれ桜
大島桜
容保桜



艶やかに



そして慎ましく



旧庁舎を彩る

『写真』 ジャンルのランキング
コメント (8)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 出水の桜 | トップ | 蹴上インクライン »
最近の画像もっと見る

8 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
Unknown (アンジェラおばさん)
2017-05-19 08:10:43
撮影会に遭遇したのでしょうか
珍しいお写真が一枚ありますね。
桜の季節心が和みます。
Unknown (j-garden-hirasato)
2017-05-20 08:18:13
レトロな建物の中から眺める桜も、
素敵ですね。
中庭に咲いているということは、
外からは見れないということでしょうか。
秘密の花園的な雰囲気すら感じます。
この目で見てみたいものです。
Unknown (yaguchitenga)
2017-05-20 17:08:40
窓から眺める桜風景が絵画的で
素敵ですね
Unknown (hal@kyoto)
2017-05-20 22:09:29
現在でも執務室や会議室として利用されていることをご存知なんて,かなり詳しいですね。^^;
どこかに書いてありました?
とてもきれいで見ごたえがありました。
アンジェラおばさんおはようございます (雪だるま)
2017-05-24 04:56:57
そうなんです
偶然、撮影会に出会いました
どういう趣旨の撮影なのかは不明でしたが
二階の窓からその風景を眺めていました
j-gardenさんおはようございます (雪だるま)
2017-05-24 04:58:11
こちら
かなり重厚な建物です
その中庭に咲く桜
外からはまったく伺うことが出来ない桜です
春、この景色が無性に見たくなります
yaguchitengaさんおはようございます (雪だるま)
2017-05-24 04:59:00
古い窓枠
古いガラス
それが更に情緒を掻き立てます
いい景色でした
halさんおはようございます (雪だるま)
2017-05-24 04:59:54
こちらの施設の利用内容については
京都市のHPに記載があります
その受け売りです

久しぶりに満開の時期に訪れる事ができました

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。