雪だるま倶楽部

日々を離れ
日常から脱却した世界
そんな風景を切り取っています

姫路市営モノレール

2017年03月13日 | 兵庫散策
高度経済成長期



日々成長する都会と
日々革新する技術力



右肩上がりで増え続ける税収



全てが結集すると
時に無駄で摩訶不思議なものが誕生する



線路延長1,824m
営業キロ1,630m



歩いても
それほど苦にならない程度の営業路線



JR姫路駅から
東南東約1kmほどの手柄山まで



起終点駅を含め
駅は3駅



運行時間
約4分程度



そんなモノレールが登場した



おまけに
並走する別の鉄道会社がほぼ同じ距離の乗車料金が20円であったのに対し
このモノレールは100円と割高どころが高すぎた



誰でも理解できるだろうが
当然に経営は成り立たず
僅か数年で廃業に追い込まれた



モノレールの遺構は
取壊されつつあり
この記事が紹介される頃には
中間駅の大将軍駅も消滅しているだろう

『写真』 ジャンルのランキング
コメント (10)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 好古園 | トップ | 西宮旧砲台跡 »
最近の画像もっと見る

10 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
Unknown (アンジェラおばさん)
2017-03-13 07:24:49
少し違うかもしれませんが
愛知県にも同じような例があります。
小牧市から近くの団地を結ぶ愛称ピーチライナーです。
開業当初から乗客が少なく
地元ではピンチライナーと呼ばれ
開業15年であえなくつぶれました。
一部取り壊していますがほとんど手つかずの状態で
コンクリートの塊が残っています。
計画実施したお役所の担当の方々は
どんな感慨をもっているのかいないのか・・・
Unknown (hotter)
2017-03-13 13:14:44
このモノレール、1回乗りました。
混んでいたのだけ覚えています。
昔々の思い出です。
Unknown (sink)
2017-03-13 14:46:17
こんにちは~
スゴイです!ドキュメンタリー番組を観てるようです!
Unknown (j-garden-hirasato)
2017-03-14 06:03:17
この遺構、
姫路でしたか。
いつか見たいと思っていました。
途中のビルの写真は、
取り壊し用の足場ですか。
惜しいです。
再利用とかはできないんですね。
Unknown (halkyoto)
2017-03-14 07:19:07
街の中にモノレールの橋脚が残ってる
のは実に異様な光景でしょうね。
みたい気がしますが、ちょっとでかけ
るには姫路は遠いです。(^^;)
アンジェラおばさんおはようございます (雪だるま)
2017-03-15 05:30:32
公共工事の無駄遣い
今も昔も同じですね
そしてどの地方にも一つや二つは必ず無駄遣いの象徴が残されています
どれだけ無駄をしても気に病まないお役人連中が多いということでしょうね

ピーチライナー
撮影に訪れてみたいですね
hotterさんおはようございます (雪だるま)
2017-03-15 05:31:32
そうなんですか
乗られたことあるのですか
それは貴重な体験です
大将軍駅、降り立ってみたかったです
sinkさんおはようございます (雪だるま)
2017-03-15 05:32:47
ドキュメント
そうです、まさにドキュメントなんですよ
姫路駅界隈はとても綺麗な空間に生まれ変わりましたが
今でもこんな古い風景が少しだけのされています
といっても、解体工事も進み
やがて数年内には跡形も無く消えてしまいますけどね
j-gardenさんおはようございます (雪だるま)
2017-03-15 05:35:18
姫路駅の本当に目の前に起点駅がありました

途中のビル
大将軍駅という名前で
駅と市営住宅が合体した駅でした
老朽化と入居者不足でお化けビルになり
昨年夏に駅の一般公開があった後
取壊されました
今はきっと空地になっています
halさんおはようございます (雪だるま)
2017-03-15 05:37:05
大将軍駅は取壊され
残っているのはモノレール塔一体構造のビル郡と
用水沿いに残されたモノレール塔ぐらいになりました
それも数年内に全部解体です
在来線に揺られて行ってみるには調度いい距離ですよ

コメントを投稿

兵庫散策」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。