雪だるま倶楽部

日々を離れ
日常から脱却した世界
そんな風景を切り取っています

祇園

2016年10月11日 | そうだお金を使わずに京都を巡ろう
現在の八坂神社は
明治になる前までは
祇園社と称していた



祇園社の門前町
それが現在の祇園



鴨川から
東大路通までの区域
四条通の南北に広がる一帯



京都有数の花街だ



昔の面影を色濃く残すのが
巽橋周辺



人気の地域で
最近では日本語がマイノリティ





スナップ撮影が楽しい



桜の季節も
緑の季節も
楽しめる

『写真』 ジャンルのランキング
コメント (4)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 中道元町商店会 | トップ | 富田林 寺内町 »
最近の画像もっと見る

4 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
Unknown (j-garden-hirasato)
2016-10-11 06:21:37
巽橋界隈は、
未だ訪れたことがなく、
いつかゆっくり巡りたいと思っています。
結婚写真の撮影ですか。
これは目立ちますね。
海外からのお客さんは、
大喜びだったでしょう。
Unknown (yaguchitenga)
2016-10-11 19:43:18
祇園は写学時代行った事があり
スナップした事が何回かあります
5~6年前に糺の森に行った時に寄りましたが
学生時代より変化がないようにもおもいましたが、やはり、変化したんでしょうね
お写真も僕が撮った学生時代の祇園や
再訪して撮った祇園より風情がありますね
鴨川が流れ橋っ渡ると祇園にいけるんですよね
お写真は確か小さい川にかかっていて
店が川沿いにつらなってtるんですよね
確か奥の方に行くとラブホテルがあり
其処を過ぎると縁結び神社があったような
これを見た時は不思議な感覚でした
j-gardenさんおはようございます (雪だるま)
2016-10-12 05:12:54
巽橋付近
最も祇園らしい風景が広がり
飲食店も付近に多くお勧めの場所です
時期的にはやはり春の桜の頃がお勧めでしょうか

今回撮影した結婚写真は本物のようですが
最近、韓国人たちがなんちゃって衣装で撮影してることが多いのも確かです(笑
yaguchitengaさんおはようございます (雪だるま)
2016-10-12 05:18:58
先に糺の森ですが
おそらく何の変化も無いことだと思います
京都の町、いくつかのビルが新規に建ちましたが
ほぼ数十年前の風景を留めています
町の新陳代謝という事では
他の都市に比べて遅いくらい
また、それが魅力でもあります

祇園は鴨川の東側
円山公園(八坂神社)の西手側
南北約4百m
東西約3百mの一帯にあります
琵琶湖疏水の用水周辺は美しい風景ですが
祇園には石畳の風景と
飲食街の風景とが重なってあります
ラブホテル街と称されたのは
おそらく、その飲食街のスナックが林立する一角のことだと思います
新旧、そして観光と色町が交錯する一帯です

コメントを投稿

そうだお金を使わずに京都を巡ろう」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。