雪だるま倶楽部

日々を離れ
日常から脱却した世界
そんな風景を切り取っています

中津

2017年11月08日 | 昭和レトロ
高架下のエルドラド



阪急線の高架の下
阪急中津駅から
淀川河川敷まで



オレンジのネオンに照らされた空間で
風景も淡い橙色だったことから
エルドラドと称された



耐震工事により



その空間は無機質なものへと
姿を変えてしまった





工事は進行し
かつての風景を失いつつあるが
未だ偲ばれる風景も残る



工事は阪急中津駅側から始まり



なお進行中



この風景も





この記事を紹介する頃には
消えてしまっているかもしれない

『写真』 ジャンルのランキング
コメント (7)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 中津商店街 | トップ | 福島駅高架下 »
最近の画像もっと見る

7 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
Unknown (j-garden-hirasato)
2017-11-08 06:13:28
以前のような風景には、
もう戻らないのですね。
世の中、
どんどん無機質になっていく感じがしています。
Unknown (アンジェラおばさん)
2017-11-08 07:56:15
中津といえばあのチャップリンの大きな絵を
公開していただいたことを思い出します。
すべてが撤去され無機質な
コンクリートの柱の列に代わってしまうのですね。
跡地の利用はどのようになるのでしょうか。
Unknown (hal@kyoto)
2017-11-08 10:39:41
私もこの夏にちょっと立ち寄ってみました。
チャップリンの絵も芸術劇場も残っていませんでしたが,入り口のシャッターから漏れるドライアイスの煙はありましたね。
j-gardenさんおはようございます (雪だるま)
2017-11-13 21:12:47
耐震工事と言われると
もう何も言い返せません
こうしてまた名物の風景が一つ消えました
アンジェラおばさんおはようございます (雪だるま)
2017-11-13 21:14:21
あの有名なチャップリンの絵は
何時の間にやら壁ごと失われました
あの懐かしい風景はもう片隅も残っていません

跡地はただの通路になるようです
なるべく開放的にし、防犯対策もするようです
halさんおはようございます (雪だるま)
2017-11-13 21:15:34
そうなんですよね
あの懐かしい風景はすっかり無くなってしまいました
福聚ドライアイスは何時までここで営業できるのでしょうかね
Unknown (sink)
2017-11-14 07:19:15
おはようございます
懐かしいです、福島には3年ほど居ましたので、こちらには昼も夜もお世話になってましたですよ~

コメントを投稿

昭和レトロ」カテゴリの最新記事