雪だるま倶楽部

日々を離れ
日常から脱却した世界
そんな風景を切り取っています

野里銀座商店街

2017年03月08日 | 商店街 市場
先に紹介した
城巽通り商店街は
公共交通機関と一大観光地の間に形成された商業地区にあった



ところがこちら
姫路城を通り過ぎ
兵庫県歴史博物館も超えて北上



かつて
姫路城にあった
野里門跡のそのすぐ北側



ほんの50mほどだが
東西の道に
古い商店街が残されていた



ここに商店街が形成されたのは
昭和37年のこと



戦後の高度経済成長期には
駅前から
姫路城を通り超えたこの野里
そして更に北上して威徳寺町まで



市場が形成されていた



周辺の各家庭の台所として



この市場が賑やかだったころを回想



残念なことに
この記事を紹介した今日現在
このアーケードは無い
平成29年1月9日を以って
老朽化を理由にアーケードは撤去されてしまった



また一つ
昭和の風景が去っていった
『写真』 ジャンルのランキング
コメント (8)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 城巽通商店街 | トップ | 好古園 »
最近の画像もっと見る

8 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
Unknown (j-garden-hirasato)
2017-03-08 06:17:03
おおー、
今はもう撤去されてしまったんですか。
撤去後の風景も、
見てみたいものです。
Unknown (アンジェラおばさん)
2017-03-08 06:41:31
役割を終えた商店街の将来をどのようにするか
個人の問題としてかたたずけるには
荷が重すぎますね。
昭和の歴史遺産として保存するわけにもいかず
このまま朽ちるのを待つだけなのでしょうか。
Unknown (yaguchitenga)
2017-03-08 18:38:12
下の商店街とは対照的ですね
アーケードが撤去されたと云う事は
更地になってしまったんでしょうか
その後、此処は何に生まれ変わるんでしょうね
Unknown (hal@kyoto)
2017-03-09 16:43:26
2ヶ月ほど前にアーケードがなくなってしまったのですね。
残念ですが,このまま置いておくのも物騒ですしね。(^^;)
そう言えば,宇治市の黄檗商店街も同じような商店街として残ってましてが
今は取り壊されて更地になってしまいました。
j-gardenさんおはようございます (雪だるま)
2017-03-10 05:04:47
訪れた後
調べていたら屋根撤去のニュースを見たのです

アーケードが取り払われたら
ただの古い町並みになってしまうでしょうね
アンジェラおばさんおはようございます (雪だるま)
2017-03-10 05:06:13
町の形成
人々の生活環境と密接にかかわっています
もし、各家庭に冷蔵庫が無かったら
もし、車と言う便利な個人型交通手段が失われたら
そういう「もし」があるたびに
町の形成が変化していきます
yaguchitengaさんおはようございます (雪だるま)
2017-03-10 05:08:43
両方の商店街共に
似たような感じです
方や営業する店舗がまだある
方やほぼ全部の店が閉めてしまった
その程度の違いです

アーケードが撤去されたと言っても
屋根が無くなっただけ
左右の街並までは失われていないはずです
halさんおはようございます (雪だるま)
2017-03-10 05:10:07
とても残念ですが
日本には消防条例というのがあって
一定期間が経過したアーケードは
建て直すか撤去するか決めなければならなくなっています


黄檗
とても残念です
あの独特の風景
残して欲しかったものです

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。