雪だるま倶楽部

日々を離れ
日常から脱却した世界
そんな風景を切り取っています

阪和商店街

2016年10月19日 | 商店街 市場
日本最後の遊郭といわれれる
飛田新地の北側一体



かつては混沌とした様相で
ホームレスと娼婦の街だったが



阿倍野再開発事業が発足して以降



徒歩圏にある
新世界と共に
急速に街は漂白された



大型ショッピングモールが
雑居ビル郡を取壊して造営され



日本最長のビル
あべのハルカスが街を見下ろす



そんな街の懐に
天王寺最後の聖地
阪和商店街は残っている



雑然とし
浮浪者で煤こけた
風景が一掃され
近代的で幾何学的で無機質な街へと変貌を遂げたが



この市場は
かつてのままの風景を残している



戦後の闇市から発展した市場
後幾許も無く
ここも無機質な空間へと再開発される日が来るのだろう

『写真』 ジャンルのランキング
コメント (6)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 杉山家住宅 | トップ | 新世界市場 »
最近の画像もっと見る

6 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
Unknown (j-garden-hirasato)
2016-10-20 06:33:04
まだまだ開いているお店が多いですね。
昔ながらの売り方、
商売になっているのでしょうか。
駄菓子屋もありますが、
今の子も、
こういうお店に買いにくるのかなあ。
なまずハム、
なまずのハムじゃないですよね。
Unknown (アンジェラおばさん)
2016-10-20 07:08:43
画面から3軒の「信濃」を発見しました。
同郷の人が住み着いているのかどうか
親しみを感じます。
Unknown (yaguchitenga)
2016-10-20 19:13:29
昭和商店街、凄いとこですね
カラーだから少し安心して見れましたが
モノクロだともっと凄い商店街に
みえるでしょうね。
飛田は歩いた事が無く新世界は、ほんの少し
浮浪者が多くてカメラを向けるのが
怖かったです
天王寺動物園の門前にもいましたからね
子供達にとって当たり前の風景だったんでしょうね。今がこうなら30年以上前は
どうだったんでしょう
菅原文太のやくざ映画に出て来そうな
造りで驚きです
j-gardenさんおはようございます (雪だるま)
2016-10-21 05:53:01
こちら
天王寺最後の商店街ですが
営業している店は
こういう寂れた感じの商店街としては
異例なほど多く
特に夜は飲食店がかなり営業していることで賑わっています
駄菓子屋
さすがに買い求める人は見かけませんでした
アンジェラおばさんおはようございます (雪だるま)
2016-10-21 05:54:09
信濃
もしかしたら、長野県の方が
地元料理を出す店を営業しているのかもしれませんね
yaguchitengaさんおはようございます (雪だるま)
2016-10-21 05:56:28
書かれている風景
実際に何十年前はありました
天王寺から新世界にかけて
そして飛田の西側のあいりん地区は
浮浪者の巣でした
今でもあいりん地区は浮浪者が多く昔の風景のままですが
それ以外の地域は一層され
昼間も夜も女性が一人歩きできるほど改善されました

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。