雪だるま倶楽部

日々を離れ
日常から脱却した世界
そんな風景を切り取っています

旧田中家住宅

2016年10月14日 | 大阪散策
富田林の寺内町は
碁盤の目のようになっているが



そこからほんの一本
西へ逸れた場所にこの旧家はある



江戸時代後期に
この地に居を構えたという



現存する建物は
明治25年築



大阪府河内和泉資産家一覧
に数えられる名家



平成16年に
遺族によって富田林市に寄贈され



改修され
8年後の平成24年から一般公開



様式としては
近代和風住宅と云われており



町屋と民家の中間の様相であった

『写真』 ジャンルのランキング
コメント (8)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 富田林 寺内町 | トップ | 杉山家住宅 »
最近の画像もっと見る

8 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
Unknown (yaguchitenga)
2016-10-15 07:17:18
歴史がある住宅ですね
畳がある家は懐かしくもあります
こんな広い部屋は農家しか見た事がないです
Unknown (sink)
2016-10-15 08:04:38
おはようございます
古いけど美しいお屋敷ですね
色もステキな感じです
Unknown (halkyoto)
2016-10-15 12:26:12
いかに名家であっても住まなければ寄贈するのが一番でしょうね。
名家でなくて住んでない家、どうするか悩みますね。
Unknown (j-garden-hirasato)
2016-10-16 22:56:47
建物の中を公開しているなら、
ある程度、
きれいに整備された方がイイかもしれません。
今でこそ観光資源ですが、
ここで生活することを考えると、
キレイな状態が普通ですからね。
yaguchitengaさんおはようございます (雪だるま)
2016-10-18 05:49:36
畳がある家
本当に減りました
フローリングの何処がいいのか
不思議です
sinkさんおはようございます (雪だるま)
2016-10-18 05:50:28
古い邸
とにかく魅力的です
色褪せた調度も美しかったですよ
halさんおはようございます (雪だるま)
2016-10-18 05:51:20
全国で
空き家が急増しています
普通の民家なら取壊すしかないでしょうが
こういう家は文化遺産として残していって欲しいものです
j-gardenさんおはようございます (雪だるま)
2016-10-18 06:00:40
寄贈され
こうして今日
色んな方々の目に触れるようになる
いいことです

こちらは比較的小さな邸でしたが
次に紹介した邸はとても広大でした

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。