雪だるま倶楽部

日々を離れ
日常から脱却した世界
そんな風景を切り取っています

加賀新田会所

2017年06月02日 | 大阪散策
延享2年
江戸時代中期



加賀屋甚兵衛によって
干拓が開始された



大阪の新田の多くは
大阪在住の町人による請負新田である



加賀屋甚兵衛は
大阪淡路町の両替商



この邸宅が造営されたのは
開拓が開始され9年後の
宝暦4年の事



遠州流の
築山林泉回遊式庭園



数寄屋風の建物と



加賀屋の財力が偲ばれる



「愉園」と名づけられた
大阪名園の一つ



久しぶりに訪れてみた
『写真』 ジャンルのランキング
コメント (8)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« ダイビル | トップ | 新桜川ビル »
最近の画像もっと見る

8 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
Unknown (j-garden-hirasato)
2017-06-02 06:10:42
おおー、
素敵が日本庭園がありますね。
開拓事業で財をなしたのですか。
今なら公共事業で行うんでしょうけど、
当時は、そういう事業も民間で請け負って、
整備が行われたのですね。
Unknown (アンジェラおばさん)
2017-06-02 08:43:29
せっかくの由緒ある建物ですが
門前の金網はいったい何としたことでしょう。
訳知りの人以外の入場を拒む雰囲気が感じられます。
中身がよければいいではないかとの
大阪人気質がなせる業でしょうか。
それにしても魅力的なお庭とお宅ですね。
Unknown (hal@kyoto)
2017-06-02 22:46:26
以前もここに行かれてたような気がします。
たしか鴻池新田のあたりだったように思います。
立派な邸宅ですね。
Unknown (yaguchitenga)
2017-06-04 12:29:14
開拓事業と云うのは田んぼとか
造ったんでしょうか
それにしても立派な邸宅と庭ですね
開拓事業って儲かるものなんですね
j-gardenさんおはようございます (雪だるま)
2017-06-06 05:17:24
かなりの規模の日本庭園です
寺院でいえば塔頭寺院よりも規模は大きいくらいです

当時開拓事業は民間下請けでした
開拓する代わりに利権をもらう
荘園制度に近いものですね
アンジェラおばさんおはようございます (雪だるま)
2017-06-06 05:25:37
こちら
基本的には自由見学です
入口の受付で挨拶すれば見学できます
そういう意味ではそも金網など必要ないのでしょうが
おそらくですが
こちらが整備され見学できるようになる前は荒れていて
金網などで不審者の侵入を拒んでいたのかもしれません
halさんおはようございます (雪だるま)
2017-06-06 05:27:04
halさん少し勘違いされてますね
こちらは鴻池新田ではなく加賀新田です
最寄り駅は南海本線の住之江駅になります

鴻池新田の約半分くらいの敷地ですよ
yaguchitengaさんおはようございます (雪だるま)
2017-06-06 05:28:57
未だ公共工事という概念が発達していなかった時代です
この時代、私費で開拓する代わりに
そこから得られる利権は開拓者に帰属
荘園制度からは一歩前進していますが
荒れた地よりも田畑に、という考えです

コメントを投稿

大阪散策」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。