東京育伸会*塾長ブログ*親子で学びを楽しむ為に出来る事

算数工作教室を始め、基礎基本を理解する学習を中心に補習から進学までをサポートしています。

復習から始める!根本を理解する!基礎を大切にする教室です。

ホームページへは「東京育伸会」で検索して下さい 。メールアドレスはikushin-sakuradai@gmail.comです。よろしくお願いします。 新規入塾生募集中!小・中・高校生の補習から受験までをご指導。 復習が鍵 まずは学年を超えても復習をしましょう!生徒さんとの日々の取組みや出来事を綴って行きます。多くの方にこのブログを購読頂き感謝しております。コメントのやり取りはございませんが、通塾くださっているご家庭からも感想を頂いており励みになっています。これからも楽しく真剣にブログを更新して参ります、よろしくお願いします。教室のホームページもあわせてご覧ください。*記事の無断転載禁止

当教室の高校受験生さん達

2013-11-30 08:28:11 | 受験生さんへ

気持ちの良い土曜日ですね

今日から毎週土曜日も受験生さんたちは塾に来てテストを行います

これから受験が終わるまでこのペースです!

体調を万全に整えてこの冬を過ごしてくださいね!

 

今年はある大手塾さんから転塾されてきた生徒さんを含め、今年の高校受験生は

去年より人数も多く、私は目の回る忙しさとなっています

各学年、二桁はお預かりしない事にしていますが、それで正解なのだと思っています

 

今回、大手塾さんからいらっしゃった生徒さんとの会話でビックリした事は

塾側からの進路指導が何もなかった事です

進学に対する受験生本人の希望も意思もありますが、それらを塾側が面談や

話し合いの機会を設けてこなかった事に本当に驚きました。

会場模試も定期的に受けておらず、併願をとるにも不利な状態となってしまい

もう少し早く来てくれていれば・・・と正直思ってしまいます

 

 

当教室の受験生さんたちは今、国語の課題を授業以外の時間でこなしています

今はペースを落としてきましたが、ピーク時には

「1日3題の文章問題を全問正解するまで帰らず、自分の力で解く!」という

まるで耐久レースでもしているかのような状態でした。

5教科の学習をしながら、国語だけに時間を費やすというのはそうそう長くはできませんから

短期集中で国語力を養い、今は全員が高いレベルでの実力を身につける事が出来ました。

入試に向けて、それぞれが実践力をつけてきたわけです

 

今月は最終的な内申も出されますね

内申を上げてきた生徒さんも、変りなかった生徒さんも

当日の実力で勝負しましょう!

内申が良いと言うのは悪い事ではありませんが、入試に向かうに当たり

気を緩めがちですので注意が必要ですからね

 

来週から個別面談を予定させていただいています

頻繁にお時間をいただき恐縮なのですが、ぜひ教室に足を運んでいただき

お子様の学習状況を含め、進学についてお話しさせてください

当教室の親御様には常にご理解とご協力を頂き感謝しています

今日から取り組む過去問でも、結果を出して行こうと張り切っています!

合格を掴むまで、応援とサポートのほどよろしくお願いします!!

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

現役合格を目指す高校1年生!

2013-11-28 12:21:34 | 教室便り

今年の春、高校入試を終えた高校1年生さんたちですが

当教室では、上位の2名が塾に残り大学を目指して頑張っています

理数系での大学進学を目指す二人にとって、誰よりも頼りになる講師陣がいるからです!

 

高校に入学し、始めの3カ月ほどは週1回の学習ペースでしたが

今は週に2回のペースで学習しています

学習している教科は英語全般、数学全般、物理、化学の4教科がメインです

河合模試、進研模試、センター模試と意欲的に受け、数学検定、英語検定、漢字検定と

模試や検定習得に忙しい毎日です

 

勉強だけしているように感じますが、運動部に所属し毎日走り回っている生徒さんと

文系部に所属し作品制作に追われていたりして、二人とも忙しい毎日です。

 

高校生活を充実させながら現役合格を目指すには

日々の勉強を疎かにする訳にはいきません。

当教室の講師陣は、難関、最難関大学を突破しただけでなく

野球やバスケに打ち込む情熱も持っています

休憩時間には生徒さんたちとスポーツの話から大学の話まで

本当に楽しそうにお喋りをしていますよ♪

大学の文化祭に連れて行ってくれたりして、本当に子供達を大切にしてくれています!

 

大学受験は本人の意思によるものだと言われます

私自身、子供の進学に高校受験までは口をはさんできましたが大学受験にはそれほどうるさくは言いませんでした。

最終学歴となる大学は自分で決める。

そうは言っても、まだまだ子供です、周りの環境に左右されやすく後から後悔・・とか

3年生になって慌てたものの間に合わず浪人・・という事もあります

 

初めに紹介した高校1年生の二人ですが、既に学校の授業だけでは追い付けなくなってきています

高校での補習もあるのですが、やはり1対2での自分のクエッションにダイレクトに答えてくる学習の方が

短時間で済むので、忙しければ忙しいほど当教室の講師を頼っています

検定の前には検定学習、定期考査の前はそこに焦点を絞り、模試判定の結果から弱点を潰しています

高校受験期に学習法は確立しましたので、学習の仕方に問題はありませんが

現役合格を目指すうえでは手を抜く暇は無いんですよね

 

高校1,2年生の親御様、3年生になってからの詰め込みや浪人を考えるより

早い時期からしっかりとした土台を作られていく事が、将来のお子様の為だと思いませんか?

現在、高校生は3名お預かりしております。

当教室は個別の小さな教室ですので人数制限をさせて頂いています

入塾に当たってはテストでの学力確認もさせて頂きますが

確かな学力を持ってご指導にあたり、生徒さんのメンタルやモチベーションも支える優秀な講師がいます!

ぜひ、無料体験授業にお申し込みくださいね!

 

 

 

 

 

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

塾内テストからわかる事

2013-11-27 10:59:48 | 学習全般

フクロウの首はよく回りますね、さて何度くらい回す事が出来ると思いますか?

(答えは記事の最後に!)

 

 

 

 

先日は

一斉塾内テストを実施しました

今回初めてこのテストを受ける生徒さん達もいました

 

小学一般性は2教科、国語・算数

中学受験生は4教科

中学生は3教科もしくは5教科です

高校生も受ける事ができます

小学低学年は一教科30分ですが、中学生や受験生は主要教科は50分です

(高校生は一教科80分がメインです)

5教科を受け終えるのには4時間弱の長時間が必要になるので

その時間にまずは慣れなくてはいけません

問題を一通り解いただけで「終わった」という雰囲気たっぷりな生徒さんを見かけます

ほとんどの場合、机に頭を乗せて落書きをしているか寝ているか

「うちの子はそんな事しません」

と思いたいお気持ちはわかりますが、ほとんどのお子さんが多かれ少なかれ

テスト慣れするまではそうなんです

(私の子供もそうです・・)

 

集中力の持続が弱く、また、解けない問題が多い為投げやりになってしまうんですね

この解けない問題だというのは、まだ習っていないと言う事では無く

どう解けばいいのかがわからないと思いこんでいる事も多いんですよ

 

当然のことながら、親御さんからは「どう受けたのか?」はわかりません

結果しか目にする事が出来ないので、その結果に対しての意見しか出てこないのも当然ですよね

毎年、早い段階からこのテストをやっていて良かったと結果的にお子さん自身が口にしているのを聞きます

入試に必要なのは知識だけではないからです

入試には乗り越えなくてはならない壁がいくつもあるのですが

おおいにしてテスト結果だけに目を奪われてしまいがちです

 

以前、あまりに塾内テストの結果が出せず、落ち込んだ生徒さんの親御さんから

「可哀相なので受けません」と言われた事がありました。

本当に可哀相なのは、入試の準備が出来ない事ではないでしょうか?

不合格や希望する併願校を押さえられない事の方が可哀相だと私は思うのですが・・

皆さんはいかがですか?

 

塾内テストからわかる事はその結果だけではありません

集中力がついているか?

問題に向き合う気持ちがあるか?

向上心をもっているか?

細かく言えば

字を丁寧に書く事が習慣になっているか?

計算を飛ばさずに考えているか?

授業からはなかなか見えてこない部分をフォーカスして見る事ができますね。

 

初めて偏差値が出される生徒さんもいます。

どう取り組んだか、これからどう取り組むのか・・・そうした事も含めて

ご覧になってくださいね。

 

体調を崩す生徒さんも増えてきています。皆様も注意してお過ごしください。

 

A、フクロウの首は約270度回ります

(マメ知識でした)

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

苦手意識の克服

2013-11-26 10:17:32 | 学習全般

小学生のある生徒さんは算数が大の苦手でした

分数の理解に苦しんでいる間に、単元はどんどん移り変わり

学校のテストでは悲しい思いをしてきました

 

こちらの授業でも自信が無く、自分から質問することもなかなか出来ないまま

2か月ほどが過ぎました

初めての塾内テストでは学校のテストでも見た事もない悲しい結果となり、ショックは大きかったでしょう

しかし、そこから小学生さんの“本気”の勉強が始まりました!

講師との授業の後、自習を半強制的にやってもらいました

その自習には私がつきっきりで補助をして60分があっという間に過ぎ生徒さん本人もビックリ!!

・・・と、そんな1ヵ月が過ぎました。

 

先日実施した塾内テストには、小学生さんの「今度こそ!」の気持ちが込められていました

結果はなんと30点ほどのUP!

嬉しいと口にはしませんが、もう以前の悔しさや悲しさはありませんでした。

 

先日の授業のあと、「算数、もう苦手じゃないでしょ?」と聞くと

小さく微笑みながら「うん」と

答えてくれました。

 

もう、苦手じゃない!

 

生徒さん本人がそう思ってくれる事がこれからの学習を支えますね

このペースで学習を続けて行けば

数学だって苦手にはならないでしょう!

それどころか自信を持って中学に進学できますね!

 

当教室に通い始めてから

学校の先生に「算数が出来るようになりビックリされた!」と嬉しそうに話してくれていた頃から

出来るようになれば絶対楽しいって確信していたのでしょう

塾内テストにもご家庭ではご褒美を用意してくださり

お子さんのやる気をしっかり支えてくださっていて、良い教育環境を作っていらっしゃる事に

とてもうれしく思いました

 

中学で躓く理由は小学生にあります

小学生の学習は学校のテストだけでは実力は把握できないのが現状でしょう

全国統一の塾内テストはこれからも続きます

みんな頑張ろうね!!

 

 

~インフォメーション~

当教室はこれまで入塾テストの実施は避けて参りましたが

今後のご入塾に関してはテストの実施を設けさせていただく事になりました

詳細については別記事にてお知らせいたします

また、来年度より、お月謝を含め全てのシステムの変更を検討しております

これは生徒さん達のより確実な学力の向上の為に

当教室が出来る事を更に充実させていきたいと言う考えによるものです

現在、大枠ではありますが

小学生、中学生、高校2年生までの生徒さんのご指導に変更はありませんが

習熟度や志望校によるコース別対応を検討中です

また、個別指導にクラス授業を標準セットとしてご指導させていただきたいと考えています

 

現塾内生の皆様には面談にてご説明させていただきます

 

 

 

 

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

受験生の日曜日

2013-11-24 06:42:23 | 高校受験・大学受験

昨日は塾内中学生の3教科、5教科のテストを実施しました

当教室のテストはテスト業者による全国統一となっています

なので、同じ学年の同じ時期でも場合によっては習っていない単元が含まれているので

特に理科、社会に関しては受験生以外は高得点はなかなかだせません

中学2年生さん達も既に志望校判定が出されますが

まだ高校に関心を持っておらず、高校名もわからないという生徒さんもいました

中学2年生は、この夏から秋にかけて近隣で実施される高校行事に参加しておいてほしかったですね

 

昨日に引き続き受験生さんたちは今日は会場模試があります

出来る事なら来月からは会場模試から離れて行きたいと考えていますから

最後のつもりで良い結果を出してきてほしいです

去年は私自身、高校受験まっただ中の子供を持つ母でした

ストレス解消には毎週と言っていいほど日曜の午後は一緒に出かけ、気分転換のお手伝いをしていました

来週から受験生さんたちは土曜日も塾に通う事になります

つまり、自習を含め月曜から土曜が塾通いということです!大変ですね!!

 

当教室での自習は、自習とは名ばかりで

私からの課題をこなさなくてはいけません。

当然、やればいいのではなく全問正解するまで終わりません!!

 

受験生の勉強は「わからない事は聞く」というのも勿論ですが「自分で考える」事が重要です

昨日の塾内テストはやっただけでは意味がありませんから、テスト終了後自分の間違えたところを

もう一度その場で解き直し、自分のミスや癖にその場で気が付く事が大切です

実は昨日は小さなトラブルがありました

テストに慣れ始めた受験生さんたちは“手を抜く”事も覚えてきています

しかし、昨日は「良い」抜き方では無い生徒さんが複数名おり

お説教で帰しました!!

 

「それでは直しも出来ないから意味がないとついさっき書かれていましたよね?」

と聞こえてきそうなので・・

 

確かに、学習に関しては十分ではないかもしれませんが

不適切な態度で受験するよりよっぽどましではないでしょうか

どんなテストにおいても全力でぶつかって初めて意味のあるテストです

1回1回のテストに全力で向き合い、だからこそ反省点が見えてくるものです

今回手を抜き、私にお説教された生徒さんたちは

今日はしっかり向き合ってくれるでしょう

 

そうこうしながら、休日もなく入試に向かっていく受験生さんたちにとって

これからストレスは増すばかりです

上手な気分転換を親御さんが提示してあげて、支えてあげる事も必要になってきます

 

その場でテストの直しをした生徒さん達とは

5時間にわたる学習を終えたご褒美として、皆で談話をしました

「会場にいる皆が凄く頭がよさそうに見えて、自信が無くなってくる・・」

なんていう不安についてや、本当にたわいもない話で笑ったりしながら1時間ほどが過ぎました

こうした時間が活力になります。

 

さぁ!今日は全力で!!頑張ろう!!

 

 

コメント
この記事をはてなブックマークに追加