足は大地に、理想は高く、心には愛を!

ここに記す「高次元からのメッセージ」、情報開示は、「あなたの生活に役立つかどうか」がすべてです。直感で判断して下さい。

バシャール: 地球産

2017-04-19 18:54:48 | 愛と感謝
プラネットネビュラさんの記事です。




バシャール: 地球産




バシャールイベントの質問コーナーにおいて、とても興味深い質問をした方がいました。

それは、「地球産の宇宙船は存在しているのか」、という質問です。

バシャールは、次のように答えています。



「高次的存在の墜落した宇宙船などを回収し、その回収された残骸から技術要素や構成部品、または仕組みや
 仕様を解析して地球産の宇宙船が造られています。

 これは今に始まった事ではなくて、もっと前から行われていました。

 しかしそれでもまだまだ、技術的に追いついているわけでもないので、宇宙船としてきちんと機能している
 わけではありません。

 つまり、高度な技術を未だ盗み切れていない事にあります。」




でも私達一般人にはこれが地球産の宇宙船なのか、どこか違う星からやってきている宇宙船なのか、皆目判断が
つきません。

どうやったら分かるのでしょうか? 

バシャールは、次のように答えています。



「地球産と地球外産とではエネルギーが全く異なるので、そのエネルギーを感じる事で把握できる」

と、バシャールは話しています。

つまり”感じ方”や”ニュアンス”に、異なる感覚を感じるはずです。しかしそれをする時には、必ず「ニュートラル
な意識で雑念のない状態」、つまりは瞑想状態で行う事が肝心です。

そうすると、貴方の中にある直感が働き出し、エネルギーの種類を感じ取る事ができるようになるからです。

また、何処からやってきている文明なのか等、大凡の把握がつけるようになります。



現在、地球産の宇宙船に関して沢山の噂が囁かれていますが、それらのどれもが「”大きく”盛った情報」であると、
バシャールは話しています。

つまり大きく見せて、様々な目的を達成しようとする狙いがあります。

いずれにせよ貴方の直感力で簡単に把握する事ができるので、次に目撃した際には、
「まず自分の心に聞いてみましょう」と、話しています。




(転載終了)




僕が見たスターシップは、おそらく僕の未来生じゃないかな、と思いました。

そう感じたんですよね。

まあ、未来生といっても「いまここ」に生きているんでしょうけれど、間違いなく進化した僕。



快晴の真昼間、

住宅街の屋根越しに、キラリキラリと太陽光を反射させ、黒くメタリックな横V字型の機体を、こちらに気付けと
言わんばかりに揺らせながら、ゆーっくり飛んでいました。

僕が気付くと、それはまたゆーっくりとカーブを描いてこちらに近づいてきました。

そして電柱の死角に隠れたかと思うと、数秒後には白く、丸いカタチに変わっており、小さくなっていました。

さらに近づいてきた「それ」に、僕はありがとう、とこころでつぶやきました。

なんか、「ありがとう」だったんですね^^ おお、神よ!!ではなかった(笑)


しばらくの間、僕と「それ」は見つめ合ってましたが、数秒後には、またまたゆーっくりと高空へ、じょじょに、
じょじょに音もなく上がって行きました。

消えるまで、見つめていました。



それ以来、UFOというものを見なくなりましたが、それは僕のなかでそういう「証拠」を求めなくなったから
でしょう。

もはや、「居る」ということは明らかなのです。

いくらフェイクな映像が多くても、僕には関係なくなったのです。

彼らが「居る」という認識は、地球上に人間をはじめ、いろんな生き物が居る、というくらいの常識的感覚に
なったからです。


・・・「居る」か「居ない」かじゃねえんだよ。

「居るのがアタリマエ」「居ない方が不自然」なんだよ(某キャラクター風に^^;)


居てくれて、ありがとう^^




というわけで、今日もありがとう、バシャール!


ジャンル:
きいて!きいて!
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« バシャール: プロセス中に  | トップ | バシャール: 自分の力で  »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。