足は大地に、理想は高く、心には愛を!

ここに記す「高次元からのメッセージ」、情報開示は、「あなたの生活に役立つかどうか」がすべてです。直感で判断して下さい。

バシャール:フォーカスする世界

2017-04-26 20:21:49 | 愛と感謝
プラネットネビュラさんの記事です。




バシャール:フォーカスする世界




駅のメイン・プラットフォームでは、「様々な並行世界行きの列車」が発車したところです。

まだ列車同士が近いという事もあって、お互いの姿を見る事ができますし、交流も可能です。

でもだからと言って、「隣の人」と同じ行き先の列車に乗っているとは限りませんし、(たとえ)家族の
中でも、同じ事が言えるのだとバシャールは話しています。



貴方が「どの地球」へ向かっているのか把握するには、「貴方の信じる世界観を洗う事」で把握できます。

例えば、シンプルにネガティブ地球へ向かっているのか、またはポジティブ地球へ向かっているのかを判断
するには、「貴方の普段の心の在り方」で把握する事ができるのです。

前回でもお話ししたように、

「貴方が繰り返し考えている世界、信じる世界、フォーカスする世界、興味を注ぐ世界、、、、、」

その「世界」が、貴方の世界となってゆきます。



ですから、貴方が真に望む世界にのみ、意識を這わせておく事が大切となります。

そうする事で、「波動の”道”」をあらかじめ作っておき、波動の世界に「貴方の世界観」を持っておきます。

でも、もちろん望まない世界をチラッと覗いてみたい、という気持ちがあるのであれば、それをしても構い
ませんとバシャールは話していますが、図書館の本のお話のように、

“本を借りて熟読し、自分の波動に取り込んだりしない事”、

これを踏まえておきましょう、とバシャールは話しています。




(転載終了)


数年前、列車はすぐに猛スピードで走り出し、乗り換えることは不可能になるでしょう、と話してくれていましたが、
最近になってもなかなかそういうのを感じなかったので、やはりバシャールたちの世界とは時間の概念、スピードが
違うんだな~、と思ってました。

とはいえ、もう駅を「発車」しているわけなので、やはりこれからの「乗り換え」は相当困難になっていくでしょう。

だって、たとえ隣り合ってゆっくり走っていたとしても、窓を開けて、隣りの線路を走っている列車に飛び移るなんて、
もはや映画の世界でしか出来なさそうですし^^;

僕は、僕が望む世界への「波動の道」を、もう数年に渡って作っていますし、これからもその世界観を持ち続けます。

もちろん、ワクワクで生きることに変わりはありません!




いつもありがとう、バシャール!

ジャンル:
きいて!きいて!
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« こころに従うとは | トップ | アシュタール:こころの栄養... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

愛と感謝」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。