足は大地に、理想は高く、心には愛を!

ここに記す「高次元からのメッセージ」、情報開示は、「あなたの生活に役立つかどうか」がすべてです。直感で判断して下さい。

バシャール: 私達のクオリティとは

2017-05-14 19:31:06 | 愛と感謝
プラネットネビュラさんの記事です。




バシャール: 私達のクオリティとは




地球にもともと存在していた ”猿人/ホモ・エレクトス”に、高次的存在であるアヌンナキの遺伝子と
その他の存在の遺伝子が加えられて、現在の私たちが造られています。

でも、高次的存在のアヌンナキのクオリティを引き継いでいるわりに、なぜ紛争などの対立波動が未だ
存在するのでしょうか。



「全くもってルール違反」であったにも関わらず、アヌンナキは「労働力を確保する目的」で私達を作り
出しています。

しかし、彼らのグループ内には、「魂が宿って進化する高次的存在を作り出したい」と願うアヌンナキも
存在していたとバシャールは話しています。

いずれにせよ、「アヌンナキの持つクオリティ」を「”オフ”にした遺伝子」が、私達の遺伝子に組み
込まれていたのです。

そうする事で、意識が覚醒しずらい、前進して答えを導き出す能力を身につけにくい、いわゆる物質的視点
にフォーカスする存在を作り出したというわけなのです。



また当時のアヌンナキは、自分たちを”神”と称し、そこに住む人達から崇拝されるよう仕向けて、ヒトの
社会をコントロールしていました。

これが、地球上に存在する宗教の”モト”となっているのだとバシャールは話しています。

つまり「自分の力を外に託して、他人軸で生きる」という概念は、ヒトがヒトとして歩み始めたその時代
から息づいていたというわけなのです。



オフになっていたアヌンナキの遺伝子は、現在既にオンになっていると話しています。

ただ、オンの状態を活用するか否かは、それぞれ個人の選択となります。

「アヌンナキのクオリティがオンの状態」とは、

ガンマ状態になれる(受信モード)、明晰夢が見れるようになる、ありのままの自分になる、
エンパス能力が強化、心に沿って行動、波動アライメント良、スピリチュアルに覚醒・・・

という具合です。

逆にオフの状態とは、紛争や葛藤などのサバイバルモード、弱肉強食世界、物質主義、干渉や強制といった
「分離を表す波動」となります。



(転載終了)



知っていても、「真実の歴史」は何度も読み込むことが大事です。

いつもありがとう、バシャール!


ジャンル:
きいて!きいて!
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« バシャール:100%で  | トップ | バシャール: ドミノエフェクト »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。