足は大地に、理想は高く、心には愛を!

ここに記す「高次元からのメッセージ」、情報開示は、「あなたの生活に役立つかどうか」がすべてです。直感で判断して下さい。

バシャール:おとぎ話しの世界

2017-06-14 12:46:04 | 愛と感謝
プラネットネビュラさんの記事です。




バシャール:おとぎ話しの世界




次元を「直線的に」捉えて説明するとしたら、私たちの物質界は「一番”底辺”に」位置しています。

その上に、毎晩私たちが訪れる『夢の世界』があります。

そしてその波動域に、『物質界のテンプレート界』が存在しているのです。

『物質界のテンプレート界』 は、私たちが住む物質界の「全ての”プロトタイプ/原型”」が存在
している世界です。

この世界はある意味、『駅のプラットフォーム』のようで、ここからバシャールのいる次元や、他の
銀河へ移動することができるのです。



地球が誕生してから、何度も私たちには『覚醒』のチャンス(次元シフトのチャンス)が訪れたことが
あったとバシャールは話していますが、
”今ここ”の私たちが到達できた”波動域”にまで到達できた文明は、私たち以外、他にいません。

もちろん、一部の先住民達には、『覚醒』して次元へシフトをしていった存在もいます。



ササニ文明が存在する次元を直線的に例えるとしたら、

私たちの『夢の世界』が存在する次元に、ちょうど存在していることになるのだと、バシャールは説明
しています。


ですから、バシャールが住む世界は『おとぎ話』を「地」でいく世界であり、夢物語だと捉える世界観が
バシャールの住む世界なのだと話しています。



(転載終了)




いつもありがとう、バシャール!

ジャンル:
きいて!きいて!
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« バシャール:嘘のない分析  | トップ | バシャール:繋がりの感覚  »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

愛と感謝」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。