疋田 学 ピアノ調律師です。

ピアノの調律 修理 消音装置取付 販売 など 自分の仕事について

ピアノ消音装置では

2017-06-09 22:01:09 | 日記

 

 ようこそ いらっしゃいました。

消音装置を 取り付けられているピアノが 目立ってきています

通常の 調整は 同じですが 少し 気を付けませんと いけない箇所があります

接触式では 鍵盤裏側で センサーが当たる箇所は 注意を 払いまして

接触音が 出ていないかを 確認します

 もう一つは 鍵盤の動きです センサーが シビアに 感知するように 調整します

これは 好みもありますが 鍵盤が 動くようにするのは 

アクションまで 手をいれる場合も あります

生と消音の状態 どちらに 主を置くかで 調整も変わる場合が あります

基本的には 同じに 調整します

消音バーが 有る分だけ 調整は 違いますが

調律師は ピアノを 感じてあげる仕事です。

ピアノは 調律と各種調整・点検が必要です。

部品の消耗・摩耗・劣化・破損等で 修理が発生します。

 0120-567-653 ファックスも受信できます

📱 090-8779-3496 

 メールは こちらです

 パ ソ コ ン      hiki1122@amber.plala.or.jp

スマホ・携帯     h09087793496@docomo.ne.jp

御連絡 お待ちしています。

ピアノ調律師 疋 田  学 (ひきだ まなぶ)

 

 

 

 

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« ピアノの関節部分 センター... | トップ | ピアノ調律に入る前 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。