疋田 学 ピアノ調律師です。

ピアノの調律 修理 消音装置取付 販売 など 自分の仕事について

ピアノの部品を 直す際

2017-06-14 22:35:50 | 日記

 ようこそ いらっしゃいました。

ピアノは 細かい部品が 動きにくくなると 新しい部品に 交換します

センターピンを 交換する際に 回転の摩擦を受け止める

ブッシングを 交換する場合もあります

センターピンの摩擦が 多くなりすぎますと 交換時に ブッシングがとれる場合があります

一瞬 「あつ!」と思いますが 少しでも ブッシングが はみ出しますと

張り替えしかありません

ただし ブッシングクロスは 買ってそのままでは 使えるものは 高価でして

求めやすい部品は ブッシング殺しを 持っていませんと 使えません

修理が 終わり残った分を 鞄の中に 入れときまして

いざという時に 役立ちます

そうそう ブッシングが はみ出さ無いようにする方法を

部品屋さんに 聞きましたが 滑り止を 前もって塗るのが 効果があるそうです

・・・センターピン交換の際は・・・・・

でも ブッシングが 抜けるよりかは いいですよね!

ピアノは 調律と 各種調整・点検が 必要です。

部品の消耗・摩耗・劣化・破損等で 修理が発生します

 0120-567-653 ファックスも受信できます

📱 090-8779-3496

 メールは こちらです

 パ ソ コ ン      hiki1122@amber.plala.or.jp

スマホ・携帯    h09087793496@docomo.ne.jp

御連絡 お待ちしています。

ピアノ調律師  疋 田  学 (ひきだ まなぶ)

 

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« ピアノアクション部品~ウイ... | トップ | ピアノを 動かすのは 御注... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。