疋田 学 ピアノ調律師です。

ピアノの調律 修理 消音装置取付 販売 など 自分の仕事について

ピアノも いろいろ

2017-08-10 22:23:16 | 日記

ようこそ いらっしゃいました。

国内ピアノメーカーは 今は 数える程しかありません

昭和30~50年位までは もっと 沢山あったようです

今は 珍しい 補助響板を 見る事さえあります

響きを 豊かにする装置ですが 手間が 掛かりまして

今では 採用していいるメーカーを わたしは 知りません

個性が 豊なので 製造していた職人気質が うかがえます

多分 設計者が 製造者も 兼ねていたのでしょう

新品だった時に そのピアノを 見てみたかったですね

小さいピアノメーカーが 有った事を 知っていて欲しいです

  ピアノは 調律と各種調整・点検が 必要です。

   部品の消耗・摩耗・劣化・破損等で 修理が 発生します

   調律中に 弦が切れた場合は お客様のご負担になりますが

   ご了承ください。

   0120-567-653 FAX兼用です。

  📱    090-8779-3496

    メールは こちらです。

  パ ソ コ ン     hiki1122@amber.plala.or.jpo 

 スマホ・携帯   h09087793496@docomo.ne.jp

  御連絡お待ちしています。

 ピアノ調律師  疋田 学 (ひきだ まなぶ)♩

 

 

 

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« ピアノ移動後は | トップ | ピアノの木部の変化 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

日記」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。