疋田 学 ピアノ調律師です。

ピアノの調律 修理 消音装置取付 販売 など 自分の仕事について

ピアノの調律をして

2017-06-29 22:31:10 | 日記

 ようこそ いらっしゃいました。

ピアノは 年数で 価値を 判断するのは 難しいです。

製造された時は 新品でした

経年変化で 駄目になる部品も 有りますが 交換修理が 可能です

調律させて頂いたピアノが 適期で 修理され 使われていますと

ピアノの 判断基準が 変わります

これからも 楽しく弾けるように 調整したく 

前任者の 仕事を 高評価を 与えたいです

自分だったら どうするか? こうしなければ いけないのを 感じ

これからの 仕事に 繋げます

ピアノを 大切に思う「こころ」を

どんな ピアノに 対しても 持つ仕事です。

ピアノは 調律と各種調整・点検が 必要です。

部品の消耗・摩耗・劣化・破損等で 修理が 発生します

  0120-567-653 FAX兼用です

 📱 090-8779-3496

     メールは こちらです。

  パ ソ コ ン        hiki1122@amber.plala.or.jp

 スマホ・携帯       h09087793496@docomo.ne.jp

 御連絡 お待ちしています。

ピアノ調律師  疋 田  学 (ひきだ まなぶ)

 

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« ピアノの響板で | トップ | マイナスドライバー »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

日記」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。