疋田 学 ピアノ調律師です。

ピアノの調律 修理 消音装置取付 販売 など 自分の仕事について

調律カバンを持って歩くと

2017-06-17 22:35:13 | 日記

 ようこそ いらっしゃいました。

今では 車か 電車の場合は キャリーで カバンを 持ち歩くことはありませんが

昔 カバンを 手で持ち 移動し 仕事をしていました

朝は それ程 重く感じませんが 夕方は カバンの重さが ズッシリと 身に沁みました

でも 仕事が 終わり カバンを持ちませんと バランスが 取れなく 曲がって歩いたようです

女房に よく指摘されましたのを 思い返します

体力が有った時も 有ったのですね~

アタッシュケースも よく壊れました それも いろんなところが 破損しました

ズボンが 当たる箇所は 擦れて 革靴も 底が すり減り 靴下も消耗しました

今は 時代が 違います

そんな 時代も 私にも ありました。

昔話でしたね~

ピアノは 調律と 各種調整・点検が 必要です。

部品の消耗・摩耗・劣化・破損等で 修理が 発生します

 0120-567-653 ファックスも 受信できます

📱 090-8779-3496

  メールは こちらです

パ ソ コ ン       hiki1122@amber.plala.or.jp

スマホ・携帯     h09087793496@docomo.ne.jp

御連絡 お待ちしています。

ピアノ調律師  疋 田  学 (ひきだ まなぶ)

 

 

 

 

ジャンル:
きいて!きいて!
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« ピアノ技術の知識は 教えら... | トップ | ピアノの工具 チューニング... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。