疋田 学 ピアノ調律師です。

ピアノの調律 修理 消音装置取付 販売 など 自分の仕事について

ピアノ調律も 微調整があります

2017-05-03 22:05:12 | 日記

 ようこそ いらっしゃいました。

音程差が 有る調律と 微妙な 狂いの調律があります

調律の上げ または 下げですが 微調整ですと こだわりが 出るかもしれません

この 拘りが 注意しなければ いけない事です

音程を 上げ下げするのは 音程だけでは 済まないのです

拘ると 上げすぎ 下げすぎに なりがちです

いつもと 同じ感覚で 仕事を した方が 結果は 良好です

音程の狂い過ぎと 微調整は 難しく考えすぎてしまします。

ピアノは 調律と 各種調整が 必要です。

部品の 消耗・摩耗・劣化・破損等で 修理が 発生します

 0120-567-653 ファックスも使えます

📱 090-8779-3496

 メールは こちらです

PC  hiki1122@amber.plala.or.jp

スマホ・携帯 h09087793496@docomo.ne.jp

御連絡 お待ちしています。

ピアノ調律師  疋 田  学 (ひきだ まなぶ)

 

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« ピアノ調律師ができる事の範囲 | トップ | 先日見た修理ピアノ »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

日記」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。