疋田 学 ピアノ調律師です。

ピアノの調律 修理 消音装置取付 販売 など 自分の仕事について

ピアノに付着物・・・・

2017-07-17 22:25:15 | 日記

 ようこそ いらっしゃいました。

グランドピアノでは 下部の 柱とか 親板の内側と

アップライトピアノですと 鍵盤下と下前板に多く

白い カビが 有るのですがと 云われます

雑巾で 水拭きをして 拭き取りを 何回か して頂くと

発生しなくなります

理由が 有りまして 気にかけて頂くから 発生しなくなります

空気の流通を 心がけて頂くと テキメンです

調律師が ふき取り 無くなる訳では ありませんで

お客様が 環境を 変えて頂き 発生しないのです

それ以前に 付いていた物かもしれませんので 拭き取れば 無くなります

環境で 壁との 隙間を 開けて頂き 空気が 流れるようにするのです

ピアノの 鳴り方が 変化するハズです。

  ピアノは 調律と各種調整・点検が 必要です。

 部品の消耗・摩耗・劣化・破損等で 修理が 発生します。

 調律中に 弦が切れた場合は お客様のご負担になりますが

 ご了承ください。

   0120-567-653 FAX兼用です。

  📱  090-8779-3496

      メールは こちらです。

   パ ソ コ ン     hiki1122@amber.plala.or.jp

  スマホ・携帯   h09087793496@docomo.ne.jp

        御連絡 お待ちしています。

  ピアノ調律師  疋田 学 (ひきだ まなぶ)♪

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« グランドピアノの宿命ですかね~ | トップ | ピアノは ピアノですが 同... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

日記」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。