疋田 学 ピアノ調律師です。

ピアノの調律 修理 消音装置取付 販売 など 自分の仕事について

ピアノ 低音部 巻線

2017-05-18 21:55:01 | 日記

 ようこそ いらっしゃいました。

ピアノの低音部分は 銅線を 巻き付けた 巻線が 張っています

質量を増して 低い音を出すそうです

弦が 新しい場合は 弦も 柔らかくかんじますが

年数を 重ねると 変化が 起き

「固くなる」とでも 言う表現が 妥当のようですが・・・・

古いピアノで 巻線が 切れた場合は 新しい弦に 張りかえますが

修理して 暫くは 馴染むのに 時間が掛かりますが 

ここで 気が付くのが どうして 弦が 振動しなくなるのか?です

オリジナルの弦が 響かなないように 感じるのです

巻線に ねじりを 加え 復元しようと なさる方も いらっしゃいます

原因は 芯線が 悪くなるのか? 又は 巻いてある銅が 駄目になるか?

それとも 芯線と 銅線の 巻が悪くなるか? 

ここで 試したことが有ります

ヒッチピンから 巻線が 取り外せるようにして ほぐしてみたのです

少し 音の 明るさと 音量が 増しましたが

でも 完全には 復元は しません

巻線機が 有れば 試してみたいのが

オリジナルの 古い芯線に 新しい銅線を 巻き 

再度 ピアノに戻して みたいです

それと 新しい芯線に 古いオリジナルの 銅線を 巻いた弦を 試してみたいです

そんな事は 無理でしょうか・・・

ピアノば 調律と 各種調整が 必要です。

部品の消耗・摩耗・劣化・破損等で 修理が 発生します

 0120-567-653 ファックスも 受信できます

📱 090-8779-3496

 メールは こちらです

パ ソ コ ン      hiki1122@amber.plala.or.jp  

スマホ・携帯    h09087793496@docomo.ne.jp

御連絡 お待ちしています。

ピアノ調律師  疋 田  学 (ひきだ まなぶ)

 

 

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 気分位の 違いがあります | トップ | ピアノチューニングピンクリ... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。