疋田 学 ピアノ調律師です。

ピアノの調律 修理 消音装置取付 販売 など 自分の仕事について

ピアノの作動部は チェックが大切です

2017-06-22 22:34:30 | 日記

 ようこそ いらっしゃいました。

仕事を 始める前に ピアノの状態を 見させて頂きます

なにやら 鍵盤が 重く感じました・・・

重いので ピアノが 咳き込んでいるかの ようでした

咳き込むと 大きな声は でません まずは 咳を 止めます

すると 軽快に 動き出しまして 音量が 出るようになります

細かいところは 調律中に 修正しますが 終わるときには

ピアノも 走り出すように 変化しています

チェックは 必要ですね!

ピアノは 調律と各種調整・点検が 必要です。

部品の消耗・摩耗・劣化・破損等で 修理が発生します

 0120-567-653 ファックスも受信できます

📱 090-8779-3496

   メールは こちらです

 パ ソ コ ン       hiki1122@amber.plala.or.jp

スマホ・携帯      h09087793496@docomo.ne.jp

御連絡 お待ちしています。

ピアノ調律師  疋 田  学 (ひきだ まなぶ)

 

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« ピアノのウエス | トップ | ピアノの具合で 緊張します。 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

日記」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。