疋田 学 ピアノ調律師です。

ピアノの調律 修理 消音装置取付 販売 など 自分の仕事について

ピアノ調律で 見積書が 必要な場合もあります

2017-07-06 21:58:36 | 日記

 ようこそ いらっしゃいました。

一般の御家庭では 見積書を 提出して 仕事をする事はありません

仕事を 始めた頃は ワープロは どうにかありましたが 使えませんでした・・・

書類は 手書きが 一般的で パソコンなどは 別世界の話でした

ところが とある場所で 表計算ソフトを 使ってくださいと 指示されました

その方は その手の作業に 堪能でして こんな感じで お願いしますと

私の 目の前で 作り 印字して 渡して頂きました

それからですが 自分でも 表計算ソフトを 使えるようになりました

調律前に 請求書を 製作する場合は プリントアウトできるようになりましたが

まだまだ 不十分です。

ピアノは 調律と各種調整・点検が 必要です。

部品の消耗・摩耗・劣化・破損等で 修理が発生します。

調律中に 弦が切れた場合は お客様のご負担になりますが

ご了承ください。

  0120-567-653 FAX兼用です。

 📱 090-8779-3496

     メールは こちらです。

  パ ソ コ ン       hiki1122@amber.plala.or.jp  

 スマホ・携帯     h09087793496@docomo.ne.jp

御連絡 お待ちしています。

 ピアノ調律師  疋 田  学 (ひきだ まなぶ)♩

 

 

 

 

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 調律記録用紙 | トップ | 調律師も 痛み持ちがいます »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。