疋田 学 ピアノ調律師です。

ピアノの調律 修理 消音装置取付 販売 など 自分の仕事について

グランドピアノの脚取付ボルト

2017-03-07 23:16:38 | 日記

 ようこそ いらっしゃいました。

先日 仕事仲間の調律師と 話していて 「脚柱取付ボトルが 無くなっていた!」と

伺ったばかりでしたが 仕事が 終わり確認してみますと・・・・

指で ボルトが 回せてしまいました これは 危険です

すべてでは 有りませんが 3脚6本のボルト中 1本が 弛み 

すべての ボルトを 増す締めして やはり 少し 弛む箇所が ありまして・・・・

そうですね~40年経ちますと 音が 振動になり 弛ませるのですね!

もう一度 作業の 注意点を 考えませんと いけません。

ピアノは 調律と 各種調整が 必要です。

部品の 消耗・欠損等で 修理が 必要になります

  0120-567-653 ファックも 受信できます

携帯 090-8779-3496

 メールは こちらです

PC  hiki1122@amber.plala.or.jp 帰宅後の返信です

携帯 h09087793496@docomo.ne.jp 早めの返信をしたいです

ご連絡 お待ちしています。

ピアノ調律師  疋 田  学 (ひきだ まなぶ) 

 

 

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« ピアノ調律時の道具 | トップ | ピアノ巻線の張弦 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

日記」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。