疋田 学 ピアノ調律師です。

ピアノの調律 修理 消音装置取付 販売 など 自分の仕事について

ピアノ技術の知識は 教えられた物?

2017-06-16 22:45:29 | 日記

 ようこそ いらっしゃいました。

調律師の会話ですが 教科書に 載っていたですとか 書いて無いとか?

そんな 事を 話される方がいます

ピアノが 不変性のものでしたら そうですが 教科書通りには いかない状態があります

ピアノの型とか 年式でも 状況は 変わります

そう 状況です

そのピアノの 部品の消耗具合でも 変わります

弾き方も 違います

そこで その壁を 乗り越えないと いけないのかもしれません

調整する者から 弾き手の方からの 考えが 正しいのです

そこに 至るのは 時間がかかるかもしれませんが

始めからの 答えのようです

演奏者の要望が 重要です。

訳の解らない話を しました。

ピアノは 調律と各種調整・点検が 重要です。

部品の消耗・摩耗・劣化・破損等で 修理が必要です

 0120-567-653 ファックスも受信できます

📱 090-8779-3496

  メールは こちらです

 パ ソ コ ン    hiki1122@amber.plala.or.jp

スマホ・携帯  h09087793496@docomo.ne.jp

 御連絡 お待ちしています。

ピアノ調律師  疋 田  学 (ひきだ まなぶ)

 

 

 

 

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« ピアノを 動かすのは 御注... | トップ | 調律カバンを持って歩くと »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

日記」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。