疋田 学 ピアノ調律師です。

ピアノの調律 修理 消音装置取付 販売 など 自分の仕事について

ピアノチューニングピンクリーナーゴム

2017-05-19 22:19:14 | 日記

 ようこそ いらっしゃいました。

チューニングピンが 汚れていますと 綺麗にしたいもんです!

弦が 張っていないチューニングピンを ソケットに ゴムを入れて磨きました

ゴムには穴が開いて 円柱状の形でして チューニングピンに差し込みます

そのままですと 新品同様には なりませんが より綺麗にするには クリーナーもあります

 チューニングピンが 綺麗になりまして 弦を チューニングピンの穴に通そうと・・・・

弦が 入りません? 不思議です ピンの角度が 悪いのか?などと 角度を 変えたり・・・

力を 入れて 弦を入れますと 通りましたが・・・弦が 出る前に

黒いものが 出てきました

黒いゴムが 細かくなり 穴に 入りまして 弦が入らなかったのです

弦が 無い状態で 磨くのは 始めたでしたが こんな 事になるとは・・・

クリーナーを 使わなくて よかったですが・・・専用クリーナー持っていませんでした・・・

クリーナーゴムは 消耗が 激しいですが 使用後の 活用できます

それに ついては 後日 書きますね!

ピアノは 調律と 各種調整が 必要です。

部品の消耗・摩耗・劣化・破損等で 修理が発生します。

 0120-567-653 ファックスも受信できます。

📱 090-8779-3496

 メールは こちらです。

パ ソ コ ン     hiki1122@amber.plala.or.jp

スマホ・携帯  h09087793496@docomo.ne.jp

御連絡 お待ちしています。

ピアノ調律師  疋 田  学 (ひきだ まなぶ)

 

 

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« ピアノ 低音部 巻線 | トップ | ピアノ線を 張弦していると »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。