疋田 学 ピアノ調律師です。

ピアノの調律 修理 消音装置取付 販売 など 自分の仕事について

ピアノの汚れを取るのも 大変でした。

2017-07-12 19:18:09 | 日記

 ようこそ いらっしゃいました。

ピアノの見た目を 良くするには 外装の 汚れを取るのが 一番です

でも ワックスがけは 大変ですよね

汚れが 層になっている場合は 取り去るのは 大変です

時間をかけて 汚れたのですから 時間を 掛けて落とすのが 妥当です

よく 先輩調律師に 言われたのを おもいだします

下取り 又は 買い取り ピアノが 入ってきて 綺麗にするのですが

中古よりか 新品のピアノが 売れていた時代でしたので

先輩からは 今の時代のように 綺麗にする方法は 少なく

まずは コンパンドと ピカールで 磨きなさい・・・でした

傷は 埋めるまでの 時間が無く すぐ売れてしまうので 

手間もかけれないのが 現実でした 整備する前に 売れてしまうのですから

営業担当者から 催促されるばかりです

ピアノも ヤマハ・カワイよりか 第三メーカーのピアノが 目につきまして

整備するのも 大変でした

そんな 時代も有ったのです。

ピアノは 調律と各種調整・点検が 必要です。

部品の消耗・摩耗・劣化・破損等で 修理が発生します。

調律中に 弦が切れた場合は お客様のご負担になりますが

ご了承ください。

  0120-567-653 FAX兼用です。

 📱 090-8779-3496

   メールは こちらです

  パ ソ コ ン      hiki1122@amber.plala.or.jp

 スマホ・携帯    h09087793496@docomo.ne.jp

  御連絡 お待ちしています。

 ピアノ調律師  疋 田  学♩ (ひきだ まなぶ)♩ 

 

 

 

 

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« ピアノ技術者に 許される事 | トップ | ピアノに使うペンチ »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

日記」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。