疋田 学 ピアノ調律師です。

ピアノの調律 修理 消音装置取付 販売 など 自分の仕事について

ピアノ~ハンマーフレンジセンターピン抜いて

2017-07-29 22:51:05 | 日記

 ようこそ いらっしゃいました。

鍵盤を 弾きますと ハンマーが バックチェックに 咥えません

そして 弦に 再度当たって プツプツと なります

鍵盤の下がる深さは 定規の寸法で 狭くありません

ハンマーの 止まる位置も 正常です

各部寸法にも 問題はありませんでした

音量が 落ちて タッチも 軽く感じます

年数の経ったアップライトピアノですが ハンマーの付け根の 

バットフレンジセンターピンを 抜いてみますと フレンジの回転場所の

ピンが当たっていた箇所は メッキが取れていて 赤くなっていました

抜く時も トルクが 低減していましたので 力が 無くなっていいました

センターピンの ワンサイズ上げ 取り付けますと 2度打ちの症状は消え

その音の 音量も戻りまして スムーズになりました

ピアノの 気持ちが 少し解っていたようですね!

  ピアノは調律と各種調整・点検が 必要です。

   部品の消耗・摩耗・劣化・破損等で 修理が発生します

   調律中に 弦が切れた場合は お客様のご負担になりますが

   ご了承ください。

  0120‐567‐653 FAX兼用です。

 📱  090-8779-3496

    メールは こちらです。

  パ ソ コ ン    hiki1122@amber.plala.or.jp

 スマホ・携帯      h09087793496@docomo.ne.jp

   御連絡 お待ちしています

   ピアノ調律師  疋田 学 (ひきだ まなぶ)♩

 

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 使わなくてもピアノは 変化... | トップ | 一台のピアノ内に 違う症状が »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

日記」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。