疋田 学 ピアノ調律師です。

ピアノの調律 修理 消音装置取付 販売 など 自分の仕事について

ピアノの記録用紙

2017-03-21 20:05:37 | 日記

 ようこそ いらっしゃいました。

ピアノの内部に 調律の記録用紙が あります

その記録用紙に 自分の名前が 記録されていますと 

その時の作業を 憶えている時もあります

その記録用紙で 7年前の事を 思い出しました

グランドピアノで アクションを 引き出し作業しなければ いけなかったのですが

どうにも 狭く アクションを ぎりぎりで 出しました

床に 置くのも 場所が 足りなく どうにか 場所を ようやく 確保しました

床に置く際 荷物の角に 鍵盤が 接触して 割れてしまったのです

白鍵盤の セットで 1枚しかない 88Keyです

他の 鍵盤でしたら 持ち合わせて 居たのですが・・・・・・

数日後 部品を 調達して 白鍵盤88Keyを 張り変えたのを 思い出しました

割れた 白鍵盤を 剥がすのは 通常 家庭用の アイロンを 使うののですが

ハンマーを 加工する ハンマーコテを 使ったのまで 憶えています

あの時 申し訳ないと 思った感情と 直して ホットした 気持ち

7年前の事が 今でも 蘇ります

白鍵盤88Keyは きちんと 付いていまして 

ピアノの一部として  ピアノ本体が 認めてくれたようです。

ピアノは 調律と 各種調整が 必要です。

部品の消耗・欠損等で 修理が 発生します

  0120-567-653 ファックも 受信できます

携帯 090-8779-3946

ご連絡 お待ちしています。

ピアノ調律師  疋 田  学 (ひきだ まなぶ)

 

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« ピアノの移動 | トップ | 仕事の失敗が 経験になる? »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。