疋田 学 ピアノ調律師です。

ピアノの調律 修理 消音装置取付 販売 など 自分の仕事について

ピアノを 動かすのは 御注意ください。

2017-06-15 21:57:04 | 日記

 ようこそ いらっしゃいました。

ピアノを 少しでも 動かしたい際 道具があると 楽なので 

前もって お話しいただけると ありがたいです

少しの 移動でしたら 調律時に 出来るケースが 多いですが

移動に必要な 代用道具が 調達できないと 

移動するのが 無理かもしれません・・・

絨毯の上に ピアノが 置いてありますと フローリング・絨毯等が その下で

上に乗せた 絨毯が ズレてしまい よれて しわになります

意外と 女性ですと そのしわは 気になります

 ピアノの周りを見ますと 動かそうとして 絨毯が よれた感じでした

ピアノを少しなら どうにかなるか!と 思われた結果ですが・・・・

でも もう少し 動かそうと 思ったのだそうですが

ゴムのインシュレターが 設置されていて びくともしなかったようです

運送店に 依頼するのが 一番ですが お手伝いしました

やり方を 理解されても お客様には 無理と判断しましたので

行ないましたが 簡単そうに見える作業ですが とても 危険です

私は 慣れていますが もし お客様が 行なおうとすると

ピアノを 傷つけるし ピアノを倒す可能性までありまして

もし ピアノの下敷きになれば 考えますと 恐ろしい作業なのです

それと ゴムのインシュレターが 外れると 設置さえ できません

実施は 体力が同じな男2人で やる仕事です

ですから 運送店に 依頼するのが 一番なのですが・・・・

低予算で 済ますと 恐ろしい しっぺ返しが 隠れています。

ピアノは 調律と各種調整・点検が 必要です。

部品の消耗・摩耗・劣化・破損等で 修理が発生します。

 0120-567-653 ファックスも受信できます

📱  090-8779-3496

  メールは こちらです

 パ ソ コ ン      hiki1122@amber.plala.or.jp

スマホ・携帯    h09087793496@docomo.ne.jp

御連絡 お待ちしています。

ピアノ調律師  疋 田  学 (ひきだ まなぶ)

 

 

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« ピアノの部品を 直す際 | トップ | ピアノ技術の知識は 教えら... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。