ひきぼんたんのTVゲームの話してゴメンネ。企業の本気を見た。

ゲームに騙されてた話。いい思い出もあります。

いちご「じゃあ千秋さんのコーデを…」

2015-01-31 02:16:56 | ガールズモード3(旧わがまま)
やすな「はいはーい!!私がやっちゃうよー!!」

千秋「むぅ。何か馴染みの奴と波長が近いような…」

やすな「大人っぽいのはどうですかぁ?」

千秋「いいな。ちょっと背伸びなお年頃と言われるし。」

やすな「それでありながらカジュアルな!!」

千秋「うんうん。いいぞ。」

やすな「そして少しボーイッシュ!」

千秋「うんうん。いいぞ。」

夏奈「言いくるめられてるぞ?」

春香「いいんじゃない?試しに試着してみるのも。嫌だったら断ればいいし。」





トップス ストレイキャット チェッカーTシャツ・紫、黒

アウター フルートフォルテ レザージャケット・黒

パンツ ジャムパック ロゴ入りカーゴパンツ・灰

ぼうし アズウサ キャスケット・茶

めがね ラ・シュシュ スクエアメガネ・灰

くつした ジーマイン ラインソックス・紺、白・赤(ライン)

くつ ダブルユー キャンパススニーカー・黒、白



千秋「うーん。かっこいい。」

やすな「どうかなー?」

夏奈「ちょっと予算オーバーしてるぞ?それにガキンチョの千秋にはもっと子供っぽいのを…」

千秋「春香お姉さま。駄目ですか?」

春香「うーん。ま、いいわよ?」

夏奈「ガクッ!話が進んでおる!」

千秋「春香お姉さま。ありがとうございます。」

春香「プリン我慢しなくちゃね?二人供。」

千秋「はーい!」

夏奈「私もかっ!?」




最後に写真。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

じゃあ1時30分からわがまま書く準備しようかな?

2015-01-31 01:19:15 | 日記
画像アップするの少し手間がかかるけど。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

弦太朗とこれからも一緒に年を取ること。

2015-01-31 00:26:47 | 仮面ライダーフォーゼSOM
弦太朗は、その後も特に変わった所は無く、退院の目途も決まった。

至って平然としている弦太朗に、賢吾は、不安を払拭出来ず、しかし何もしようがないのが分かった。

一度独自に調べてみようとは思うが、どう解決するかは骨が折れるのを推測出来た。

そこへ、見舞いにある人間が現れる。

賢吾「野座間!」

友子「如月が入院したって聴いて来た。」

賢吾「そうか。それは気遣いありがとうな。」

友子「今、こんな騒ぎなのに、何してるかと思って。」

賢吾「こんな騒ぎ?」

友子「怪人が大量に街を練り歩いてるって話。」

賢吾「!、それで被害は?」

友子「何もない。一般人には手を出さない。でも解決に来た警官や、ヒーローを襲ってる。」

賢吾「どういうことだ?破壊活動はしないのか?」

友子「ただヒーローと諍いを起こしてるのが大半。それで少し被害が出る。」

賢吾「…。今の俺達にはどうにもならない。ヒーローが手を出さなければ何もしないのか?」

友子「ええ。」

そこでボーっと漫画を読んでる弦太朗に友子は、会釈をする。

友子「弦太朗?調子はどう?」

弦太朗「ああ。問題は無い。」

友子「何か興味無さげね?怪人に興味は無いの?」

弦太朗「俺達にはどうにもなんねーだろ?関わんなきゃ何もしねーんだろうし。」

友子「でも何とかしないと不気味よ。やる気は無いの?」

弦太朗「そうだな。しかし、俺、何かされたし。」

友子「そうね。安静にしてなさい。」

弦太朗「ああ。感謝するぜ。」

友子「歌星、ちょっと。」

賢吾「…。」



廊下で話す二人。

友子「彼、嘘をついてる。」

賢吾「嘘か。どういうことだと思う?」

友子「何か裏に隠してる。普通の人には何も無い人にしか見えない。怪しまれない。

その怪しまれないっていうのが重要よ?

何するか見張ってて。」

賢吾「そうか。参考になった。ありがとな。」

友子「いいえ。私もいい取材になったわ。」

賢吾「取材?」

友子「小説書いてるの。あなたも将来のことは気をつけて考えてね。普通の人間じゃないといっても、

何も変わらないんだから。私たちと。」

賢吾「ああ。ありがとう。」

友子「朔田は何してる?」

賢吾「ちょっと野暮用をな。ちょっと辛い役目を負わせている。すまない。」

友子「いいわ。それが彼の選んだ道だもの。」




友子が帰った後、賢吾は美羽に電話を入れる。

賢吾「風城先輩。弦太朗を見張っててもらえませんか?」

美羽「私もいつも暇って訳じゃないけど…いいわ。あなたはその間何するつもり?」

賢吾「ちょっと街の様子を見に行くのと、ジェイクの行方の情報集めを。」

美羽「そうね。最近物騒らしいしね。わかった夕方には行くわ。」

賢吾「すまん。」



病室へと戻った賢吾は弦太朗が、スイッチを眺めてるのを見た。

ナンバーの無いスイッチ。

賢吾「それは…?」

弦太朗「ああ?これか。まぁいいだろ。戦利品さ。」

賢吾「それはダークマタースイッチ…」

弦太朗「俺は、これから社会に出る。先生になるのを決めたが、子供をどう教育すっかな?」

賢吾「…。」

賢吾は理解する。

組織の息にかかった奴が社会にどう影響を与えるか。

社会を支えてる奴が「あの」組織の構成員なのだ。

それは、希望に満ちた奴には耐え難い。

必ず挫かれる。

弦太朗は、それを成す奴にされたのだ。

賢吾「ちょっ退室するぞ。」

弦太朗「いいぜ。」





賢吾は、これからどうすればいいか苦悩する。

呆然と見過ごすのは嫌だ。

俺にはどういう計画を進められるのだろう?

それを考えるんだ。








続く。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

またアレグラのCMが始まった…

2015-01-31 00:20:54 | 日記
あのキャラを殺してぇぇ。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

なんか書こうとすると。

2015-01-31 00:19:13 | 日記
オリガァァッ!

ってまたかよ。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

ハルヒ、おっぱいがでかいだけで、扱いにくい女だろ。

2015-01-31 00:14:30 | 日記
分かってますが。俺に優しい方がいいなぁ。

みくるちゃん優しい。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

ハルヒ、今、ちびまる子の縦線入ったような顔に見えた。

2015-01-31 00:09:49 | 日記
ゲロだってさ。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

みくるは随分明るい顔をし始めたなー。

2015-01-31 00:05:18 | 日記
ハルヒは呆れた顔してたけど、おっぱい凝視してたら引いたな。

フィギアの話ですよ?そういう印象を持てるんです。

サイコな話ですが、キティちゃんも見てると表情を想像して楽しむって聴いたので、

それと一緒です。

キティちゃんはあの顔が笑ってる印象の時や泣いてる印象の時があって、自分の体調によって色々変わるって聴いたし。

まぁオカルト的な理由もあるかも知れませんが。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

19時のニュースも好きだけどな。

2015-01-31 00:02:16 | 日記
TOKIOで一番かっこいい曲だと思いますが…
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

篠原ともえが久し振りにシノラーやってたが。

2015-01-30 23:55:49 | 日記
こどものおもちゃOPのウルトラリラックスは、電気グルーヴ石野卓球のミキシングで、

電気の神ミキシングとアニメの歌詞が融合した神曲なのでオススメ。

俺は持ってたが、真綾の音楽って曲聴いた時、真綾のCDと一緒に割った。

買い戻してない。

買ってみようかしら。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

しんどいのう。

2015-01-30 23:28:10 | 日記
頭のスイッチ切り替わらないのう。

どう書けばいいのやら。

うーんうーん。

考えられない。

ちょっと整理してみよう。

フォーゼの二次創作小説。

弦太朗はどういう状態になってるのか?←これは決定済み。

それでどういうことになるのか?←病院でどうする?

ジェイクの行方は?←分かんないポ。

それで…

どうなる?

うーんうーん。

分かんないポ。

流星がゴーカイジャーと会うのは数日後←その間に何が?

箱の魔物が、賢吾達とどう絡むか?←これだ!!


うーん。難しいのう。

構成纏める思考が働かない。

がんばってみましょ。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

ああ、終わった。

2015-01-30 23:00:13 | 日記
じゃあ連ぅ載ぅをぅ…

疲れたわー。

11時30分に書く準備をしよう。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

前回の話を絡ませるのは。

2015-01-30 22:44:18 | 日記
ちょっと失敗に思えるなー。

見てないと分かんないし。

ルパンvsコナンとタイトル見て、映画館に入る人も居ただろうし。

しょうがないなー。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

浪川上手いな。

2015-01-30 22:27:46 | 日記
後継では栗カンの次に嬉しいね。

次元どうしよ。

小林さん、いつまで大丈夫なの?
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

誰っ?

2015-01-30 22:19:37 | 日記
漫画のキャラ?
コメント
この記事をはてなブックマークに追加