ひきぼんたんのTVゲームの話してゴメンネ。企業の本気を見た。

ゲームに騙されてた話。いい思い出もあります。

ユーチューバーになろうとして泣いた子供も居ただろうが。

2017-01-04 23:41:00 | メモ
自分のイメージ通りに受け取ってもらおうとして、そのイメージ通りに受け取ってもらうにはどうすれば叶うかというのが分からないと思います。

それをするには視聴者の視点を理解することです。

それは難しいことで、常に自分の思う視聴者の視点と実際の視聴者の視点のすり合わせを常日頃から心がけることです。

訂正、修整をしながら考えなくてはいけなく、

辛いことも多いですが、最終的には自分の感性と合う人が見てくれます。

出来るなら多くの人と感性が合うことを心掛ければ人が見てくれます。

頑張ってね。動画作りを心掛ける人は。勿論SNSをやる人も。
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« S名は他人のイメージまで自... | トップ | コツはね。 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。