ひきぼんたんのTVゲームの話してゴメンネ。企業の本気を見た。

ゲームに騙されてた話。いい思い出もあります。

シャドウ語り。陽介編。ペルソナ4のSSですよ。

2012-08-02 22:13:02 | ペルソナ4と5とQ
悠「せっかくの機会だから自分のシャドウについてそれぞれ語ってもらうことにしよう。」

陽介「あぁぐ。面白いか…?それ?」

悠「まずは陽介からだ。」

千枝「何々?私知らないから興味あるなー。」

雪子「そうだね。どうなんだろうね?具合?」

りせ「賛成。みんなのシャドウを改めて突っ込むのって興味深そう。」

完二「ああ…憂鬱っす。」

直斗「もう向き合ったから大丈夫でしょう?」

悠「そうだ。陽介。説明しろ。」

陽介「そうだな。俺の場合は…小西先輩の敵討ちをしようと思って、いきがってはいたが、それは退屈な日常から抜け出す逃げ道だったってことだったな。ヒーロー気取りだったんだってよ。」

千枝「恥ずかしくないじゃん。真面目な話に思えるな。」

陽介「あいつらがおかしいんだよ。」

雪子完二りせ「…。うへぇ。」

悠「それで俺も疑問符なんだが、小西先輩が死んだっていうのに、やたら元気にテレビに入ろうって言ったな?」

陽介「それは…」

悠「(ゆっくり息を吐く…)…話してもいいんだぞ?」

陽介「…」

直斗「辛かったら言わなくてもいいですよ…」

陽介「だってショックじゃん!!恋した…好きだった相手があんな死に方をして!!逃げたかった!!気が紛れるなら何でも良かった!!

俺は…俺は…」

雪子「花村君…」

完二「強いっすよ。先輩は。そんな状況でも自分を崩さなかったんすから。」

りせ「一番、辛いよね…」

悠「陽介。シャドウのことなんてどうでもいい。お前が立ち続けたことが立派だ。」

千枝「そうだよ。元気だせ!花村!!私が言っても分からないかもしれないけど。」

陽介「サンキュー。嬉しかったぜ。もう過ぎた話だもんな。」

悠「小西先輩にうざがられてたことはどうだ?」

陽介「ギャフン!そこ突っ込む?この流れで。

…そうだなー。

シャドウが出てきてどうでも良くなったけど…

俺が小西先輩が好きな気持ちに嘘偽りは無いと思った。

小西先輩がどう思っていてもそれは小西先輩の気持ちだ。それを尊重する。

例え、片思いでも後悔はしていない。

へへ。泣けるな…」

悠「(軽く息を吐く…)俺達はお前の友達だ。その辛さ一緒に背負おう。頑張れ。」

陽介「言ってくれるー。そんなお節介受けるかよー。自分で耐えられるさ。自分だけの問題だからな。」

完二「…。大丈夫っすか?」

陽介「ありがとう。完二!」

完二「(そういう意味じゃなくて…)」

りせ「分かるぅー!友達以上だよね!!」

悠「親友ってことかな?」

りせ「(そういう意味じゃなくて…)」

千枝「うんうん。いい話だったよー。」

悠「次回は千枝な。」

千枝「え、やっぱり私かー。」

雪子「興味あるぅ!!」

千枝「知らない方がいいっていうか…雪子は…」

直斗「クマ君今回しゃべんなかったですね。」

クマ「ウルウル~!(ホロリ…)」

直斗「感動してましたか。成る程。フフ。僕もちょっと感情移入してしまいました!」

陽介「あまり考えるなよ。恥ずかしいから。」

シャドウ陽介「もっと評価してぇ~!!」

陽介「うわ!!出てくるな!!」

雪子「気にしない気にしない!!その程度!!」

陽介「サンキュー!!」

悠「怖いものが無ければいいな。これから。」

シャドウ悠「不安。この関係が不意に終ってしまう脅威。それはどうだ?」

悠「俺達は乗り越えてみせる。この霧を振り払った俺達にはな。」

シャドウ悠「そうだ。君達には怖い物は無いよ。フフ。」

悠「そうだと言っておこう。どんな脅威が待ち受けようとも。」

皆「ジー。(ガン見)」

悠「どうした?みんな?」

皆「当然!!」

クマ「このみんなが集って良かった。出来れば、それが本人にも届けばいいクマね。」

悠「ああ!ヘッチャラさ!!」

千枝「どういうこと?」

悠「それは皆が知ってることだ。秘密だぞ?」

雪子「そうね。うん。」

陽介「じゃあお開きと行こうぜ!!」

次回。千枝編。

千枝「ちょっと緊張するわ…」
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« ちなみに。 | トップ | ドラクエⅩ、全然やる気がしな... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ペルソナ4と5とQ」カテゴリの最新記事

関連するみんなの記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。