ひきぼんたんのTVゲームの話してゴメンネ。企業の本気を見た。

ゲームに騙されてた話。いい思い出もあります。

ネット普及以前は政治の暗躍と狙いについては読んだ媒体を鵜呑みにしてたのがメジャーだったが。

2017-05-15 15:54:46 | メモ
今はあらゆる意見をネットで収集して、誰が現実の実際を正しく言ってるかを推理する、

「推理ゲーム」

の後に個人が現実のファクトを決めて意識する、

ポストトルゥース時代となっている。

これをもし利用する暗躍政治団体が居るなら、

「推理ゲーム」が第一段階の

「広報」に見定めてると言える。

推理ゲームを仕掛けることが広報の一端なのだ。

だからネットに溢れる情報にはどれもミスリードが含まれている。

だがそれも問題ない。

「推理ゲーム」が主体なのだから。

情報戦略の。

そこから生まれる実行団体と個人をどう統べるかが、課題なのである。

支配団体の。

俺も参加しちゃうよぉー?

推理ゲームに。
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 共謀罪への批判と批判者を叩... | トップ | 三国無双7をやってて。 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。