ひきぼんたんのTVゲームの話してゴメンネ。企業の本気を見た。

ゲームに騙されてた話。いい思い出もあります。

ビビッドストライク見る奴も居るだろうが。

2016-12-10 07:59:11 | 日記
感想。状況展開よりも心象独白に重きを入れてて、セリフに内容が追い付いてない。

独白、モノローグだけで話を作ってる。

小説にしたら良いのだろうがアニメにするとちょっと癖がある。

しかもその心象独白の演出の狙いというか下心が

「おんにゃのこを愛でたーい」

で愛でる為に心象を独白させてるのだ。

彼女達の憤りも、ただ愛でたいって見る側の視点に無化される。

彼女達のアイデンティティーを見せる目的じゃないんだよね。これ。

「可愛い女の子を愛でたーい」

って目的の為に女の子の傷ついた心を書いている。

心を描きたい訳ではないのだ。

「こういう女の子居たらいーなー」

を漂わせすぎてる。

そこが逆に女の子達に誠実じゃない。

腐女子系が書く男の子を見ても男性が何も感じない理由と一緒だ。

描く目的を心象描写にしなくてはいけない。

書いた人は意識してないだろうが、

最終的に、

「女の子を見て楽しみたいんでしょ」

目的の為に心傷を描くのは好きじゃない。

本当に心に傷がある人としての僕には、エンターテイメント化の演出の不誠実さを感じる。

音響が上手くないだけかもしんないけどね。

今回のWIXOSSは上手くやってると思うけどね。

なのははそれでいいよと思うかもしれませんが。
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« つくねときんちゃく美味かっ... | トップ | そして女の子の心傷に何が投... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

日記」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。