ひきぼんたんのTVゲームの話してゴメンネ。企業の本気を見た。

ゲームに騙されてた話。いい思い出もあります。

赤鼻のトナカイ

2016-12-24 17:56:42 | ある日の東京ディズニーランド案内
盾子「ふーんぅ?サンタにちょっと懐柔されたくらいで今宵こそはと?

大げさなねー。」

日向「そんな見方すんなよ。」

七海「でも鼻が赤いだけじゃ夜道、明るくならないし・・」

盾子「そうよねー。勘違いさせて後に悲しいわよねー。」

日向「音楽にするならアリだろ・・」

盾子「音楽って最低っ。絶望の香りがする。あの金を鳴らすのはあなた。」

日向「歌が違う。」

盾子「まぁいいじゃん。

真っ赤なおはなのー🎵トナカイさんはー🎵

・・・

鬱になる。死のう。」

日向「辞めろ。」

盾子「冗談よっ。まぁ楽しければいいんじゃない?ニヘラニヘラ」

七海「童謡だし・・」

日向「こいつに見せるのは酷だよな・・」

盾子「やっとわかったー?すごい拷問よぉ?」

日向「そんな酷くないだろ!!」

盾子「退屈ぅ。私が演出したいー。」

???「それはないよねぇ。」

???「音楽はノリじゃん。」

???「バカは死んでも直らんのな。」

???「我に眠る竜よ。クリスマスを祝福せしめり!」

七海「あっ!みんな!」
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« テテフの厳選してるが。 | トップ | ウインター・ワンダーランド »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ある日の東京ディズニーランド案内」カテゴリの最新記事