ひきぼんたんのTVゲームの話してゴメンネ。企業の本気を見た。

ゲームに騙されてた話。いい思い出もあります。

説教臭くて悪いけんどもね。

2017-07-10 12:31:34 | おともだちのみんなに大人を考えさせる作詞
「きっと…(~見返りへの空想~)」



僕は面白いと思ったんだ

人が傷ついても

僕は人に受けると思ったんだ

人が不快に思っても

僕が面白い人間に見えると

評価を受けると

何かに何も感じないより

荒波立てないより

人を傷つけたら

多くの物が手に入ると思ったんだ



僕が君にこう言う理由はこれのせい

きっと期待が先行してる

ぼくは成りたい

みんなに僕が思う僕に見られることを

それはきっと空想の自分さ



僕に気づいて欲しいなんて

きっとわがままさ

人は人を大きくは見ない

僕も僕に気づいてない

きっと寂しいんだ

それでも僕は君に言うことが見つかるなら

きっと言えたらいいな

僕が僕の期待に応えられるように
















ルアキユト「昔、ブログ主がAKB48のCDについてた知らないメンバーの写真を捨てちゃって、

それが面白いことと思ってたんだって。それで捨てたことをブログに書いたんだけど、反省したってさ。

何故捨てたかは受けることだと思って期待してたんだよね。

それは普通に生きるよりも多くを世界に期待してることと同じなんだ。

多くの物を得ようとしてる。

だから余計なことをしちゃうんだね。

人に受けようと、目立とうと、悪いことをしちゃうことって普通にあることだと思うんだ。

それは期待してるから。この世界で自分が一目置かれることを期待してるんだね。

それは余計に多く期待を空想をしてる。

それを自覚すればもっと上手くやってけるかな。」
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« それでペルソナ5の特典CD... | トップ | 今日の仕事終わった。201... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

おともだちのみんなに大人を考えさせる作詞」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。