ひきぼんたんのTVゲームの話してゴメンネ。企業の本気を見た。

ゲームに騙されてた話。いい思い出もあります。

間違えた。

2017-10-27 16:09:20 | おともだちのみんなに大人を考えさせる作詞
「モブ・オブ・イーター」の方がいいね。

あれどうだろ?食う物の群れじゃおかしいか。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

「イーター・オブ・モブ」

2017-10-27 15:48:09 | おともだちのみんなに大人を考えさせる作詞
俺が何だっていうんだ

モブの中に入れられる

一つのモブに

俺は俺に思ってることがある

それが俺の俺への価値だ

モブの中の価値じゃない

お前らが決めることじゃない



俺がお前らの思うような生き方を強いられる

それが嫌いでファックで

おれの作ったモブに誰かを食わせるようになった

俺のルール下に入れと

それに気づいた時

それは「恐怖」と思った

恐怖に身を委ねてたんだ




イーター・オブ・モブ

お前も入れよと強要した

イーター・オブ・モブ

不信人を入れないことでモブを保った。

モブ・イズ・イーター

人を自分が勝手にモブ(収容所)に送った

俺はモブに恐れることを辞めたい

もっと自由を手に入れる為に
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

何か見て思ったこと

2017-10-27 15:32:54 | おともだちのみんなに大人を考えさせる作詞
憧れるよ

その退廃的で挑発的な狂った生き方を

ただ正常なことにコンプレックスを持ち

狂うことに安心を覚えている

エキセントリックなことが誰かへの反抗

そこに身を委ねて抜け出せないことを知ってる

もし正常な生き方に戻ったら自分には何もないことを知っている

だから・・

そのままで生きていければいいのさ

僕のコンプレックスも君のコンプレックスも

僕は僕の思うようにしてく
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

「オピニオン・バック・オーディエンス」

2017-10-05 00:47:38 | おともだちのみんなに大人を考えさせる作詞
誰かが誰かと群れを作っている

彼ら彼女らはだから声を出せるんだ

群れの誰かに言葉を言うのは変じゃないから

その言葉は群れに共感を得られるように言う

誰かへの侮辱も

その誰かを傷つけることを狙ってる

君は人の孤独を襲いかかる群れを見るのなら

価値の無い群れだと吐き捨てるがいい

ただそれだけで済む


僕も群れが欲しい

それは自分を許してくれる誰かが居ることだ

孤独は嫌だよ・・

でも何故孤独が嫌なんだろう?

それはきっと弱いからだよ

弱いからだ

自分を傷つける奴らを見下せ

それだけで平気さ

それもきっと弱さ



君は自分を許してくれる群れに入ればいい

自分を許す群れに

僕らは言葉を言える

僕が僕であることが叶う

僕達はそれとは違うのかもね

君が群れに入れないなら

そのことに根を持つかい?

君に誰かを許して欲しい

それが君が中心の群れだから

人が集まれば

その中心には意志を伝える権力

その意志は誰かに攻撃をする

僕は一人でそれを見下し続ける

群れを襲う孤独にもなりたくない









~~~

まとめられなかったなー。

ラスベガスの事件を思うと心苦しいね。

孤独が嫌なのは弱いからだよ。

それを実感した。

誰かに自分を肯定して欲しいからだ。

それが誰かから得られない人は「人より上になること(主導権を握る)」を求める。

ラスベガスの事件は群れへの憎しみか、浮かれてる人への嫉妬か。

大変計画的な匂いを報道で感じるが、まぁ真相は怪しいね。

報道なんて信じられません。

孤独を襲う群れにならないように、群れを襲う孤独にならないように、

気をつけましょう。

記憶が薄れて作詞が面白く書けなかったけどすいません。

・・のぼせあがっててすまんのう。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

「無視されるアイデンティティー」

2017-09-27 18:14:49 | おともだちのみんなに大人を考えさせる作詞
君と私が自分である証の歌・・


私が君に興味を持たれず否定をされようとも

それは人それぞれだって分かってる

ただ気になったんだ

私は君に評価をされることを望んでる

それはただ私が他人にとって絶対価値があることを証明したいから

君に私が興味あるかは分からない

私に興味の無い君に私の方からも興味が無いって振り切ったとしても

きっとそれは無駄な意識の中で無駄な言葉の一部だろう

私は君とも心分かち合いたいと驕ったのかも知れない

でもそれはちょっと確定されない未来の話




私が私であることが君には無駄な話

君が君であることが誰かには意味の無い物に

私を無視する誰かに私のアイデンティティーは価値の無い物なら

私は君に受け入れられないことに心を閉ざす

それでもそれは仕方が無いことと前を向く人たちに追随するんだとしても




君に無視されるなら(心を無視されるなら)

私は他の誰かと向かい合う努力をするかもしれない

君が私に向いてくれるなら(心に気づいてくれるなら)

私は君を無視なんかしたりしない

君の価値を(君の心を)

私は知っているから











~~~




誰かを意識してるのにはごめんなさい。

仕事としての機能を期待した人にもごめんなさい。

ちょっとキツい印象になってしまった。

難しかった。

タイトルへの期待に応えきらない歌詞になってしまった。

まぁ暇つぶしなので許してね。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

暇つぶしに3つ程、作詞する候補を考えたけど。

2017-09-27 18:05:22 | おともだちのみんなに大人を考えさせる作詞
頭で考えるには整理しきれないので今回はタイトル書いて、後日書く。

・無視されるアイデンティティー

・傷つけることを恐れること




アレ?もう一つ忘れた。

使われるならくやしいのう。

普通の人には何のことだがわからんちだろうが。

まぁこの二つは何かに反省して考えたので、

暇だったら書けたらいいなと思う。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

「主体と重なる期待」

2017-07-17 15:09:27 | おともだちのみんなに大人を考えさせる作詞
僕は自然のままだ

僕が僕である証を持ってるつもりにはなっていた

でもその正体はもう知っている

僕は期待と自分を同一化している

だから期待が折られると僕は壊れる

君の僕への反応や僕への評価

そして君の正体を想像して期待してるんだ

大抵人はこれを折られて闇に落ちる

でも期待しない自分になんて成れるだろうか

期待なんて捨てちまえ

そして何の価値も無い大人になるんだ



折れる言葉なんていらない

でもいずれ無価値になる言葉ばかりさ

僕は折れてく言葉を頼りに

今を生きていく

力を持たない言葉に無感になり

興味を失いながら



僕は世界と自分に期待をすることを許されるのか

許されないなら何を思えばいい?

期待しか分からないよ

今が嫌だから

期待を挫かれ人を襲う僕らに君は何て思うんだい?

僕の醜さを許してもらう期待を寄せて

君の醜さを許してた

そんなの甘えって感じた

僕は期待を隠す

自分からも

期待はきっと急所となり

そして失くしてもいけない物だと微かに思う












ルアキユト「あー。仕事来ちゃった。言うこと無いけど、どうせ採用しないだろうから書いちゃった。申し訳ないね。適当に編集もあまりしてないので変ですが、ごめんね。」
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

説教臭くて悪いけんどもね。

2017-07-10 12:31:34 | おともだちのみんなに大人を考えさせる作詞
「きっと…(~見返りへの空想~)」



僕は面白いと思ったんだ

人が傷ついても

僕は人に受けると思ったんだ

人が不快に思っても

僕が面白い人間に見えると

評価を受けると

何かに何も感じないより

荒波立てないより

人を傷つけたら

多くの物が手に入ると思ったんだ



僕が君にこう言う理由はこれのせい

きっと期待が先行してる

ぼくは成りたい

みんなに僕が思う僕に見られることを

それはきっと空想の自分さ



僕に気づいて欲しいなんて

きっとわがままさ

人は人を大きくは見ない

僕も僕に気づいてない

きっと寂しいんだ

それでも僕は君に言うことが見つかるなら

きっと言えたらいいな

僕が僕の期待に応えられるように
















ルアキユト「昔、ブログ主がAKB48のCDについてた知らないメンバーの写真を捨てちゃって、

それが面白いことと思ってたんだって。それで捨てたことをブログに書いたんだけど、反省したってさ。

何故捨てたかは受けることだと思って期待してたんだよね。

それは普通に生きるよりも多くを世界に期待してることと同じなんだ。

多くの物を得ようとしてる。

だから余計なことをしちゃうんだね。

人に受けようと、目立とうと、悪いことをしちゃうことって普通にあることだと思うんだ。

それは期待してるから。この世界で自分が一目置かれることを期待してるんだね。

それは余計に多く期待を空想をしてる。

それを自覚すればもっと上手くやってけるかな。」
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

まぁ俺がこういう詞書くの嫌いな人は見過ごしてくださいな。

2017-07-01 07:50:06 | おともだちのみんなに大人を考えさせる作詞
「君の好きな僕」



君が僕を好きだと言った

でも少し寂しく思う

君の気持ちが分からないから

君の気持ちのように僕は僕が好きじゃない

誰かの僕への感情は嫌悪感も持つけれど

君の好きは僕に力をくれる

君の思う僕が僕に力をくれる



僕は僕のままだ

それがおかしいかい?

君が僕を許してくれるから

例え酷い感情に呑まれても戦ってゆける

君の思う僕が僕と君との繋がり

例え本当の僕と違っても



僕は僕だ

でもそれは僕の思う僕

君が思う僕が好きだよ?

一人じゃないって気がする

誰かが僕を信じてくれるのが

何よりも力

もし僕が裏切ったら

その気持ちは嘘になるのかい?

だから

寂しいって思う






ルアキユト「書いた本人は男や嫌いな奴が性的に俺が好きだったら嫌悪感しかないってさ。

アイドルへの好意はこう受け取られてたら幸いだねって思って書いたって。

さよならえなり君見ながら。

欅や乃木坂っぽく書いたけど、そのファンに嫌悪感を持たれるなら謝りますね。

きっともし普通の女性ならこれが嫌いな人は居ないと思う。

でも騙されたり早とちりはしないように出来ればいいね。

じゃ、書き主は仕事に戻りまーす。」
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

ああ後、

2017-06-25 15:59:53 | おともだちのみんなに大人を考えさせる作詞
言い辛いけど、

「身内や友達と接点を失った未来の時間に生きる僕」ってのもメモっときます。

そうなると、ああなるよ。過去の俺も含めて。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

メモ。

2017-06-25 15:56:30 | おともだちのみんなに大人を考えさせる作詞
次は「他者へに嫌悪感で血反吐が出そうさ」ってテーマの詩と、

「かまってもらいたいことへのコンプレックス」ってテーマの詩を書ければいいなとメモります。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

「そんなのに付き合ってられないね(such a white imagine sociality)」

2017-06-22 16:50:21 | おともだちのみんなに大人を考えさせる作詞
金も学歴も無い俺に

社会で与えられる物はいつもそうさ

ドブのような感情と生活

酒に溺れ麻薬を打ちゲームに打ち込んで

施設に入れられて

冴えない社会生活を与えられる

あるのは嫉妬さ

生活のいい奴らへの

ってのが奴らの想像力に付き合うことである

俺の境遇に笑い震え 自分の生活の貴重性を確認する

そんなのには付き合ってられないさ

奴らの想像力になんて


金を動かし社会を動かし

その理念によって社会が動いている

その想像力はいい生活出来る人間が恥を掻かずに余裕でいられることを

奇跡と謳歌しいつも落ちぶれることに怯えている

それに付き合いすぎた


彼らの価値に自分を陥れている

想像して

それがホワイトイマジンソシアリティー

別に付き合わなくてもいいんだぜ

つまりは誰かの理念に自分を殺すことがないように

自分を自由でいさせるんだ

居るだろ?

自分の理念が強い奴

そいつの発言が俺に鵜呑みにしろと言いたさげだ

そんなの真っ平御免さ

フフ とっくにつき合わせる気も無いだろ?セレブリティー?

だから俺の言うことも鵜呑みにする必要は無いんだ

他人の想像力なんか気にしないでいたいだけってことだな









ルアキユト「「~に」ってどう訳すの?for?なんか違う。

これが現実のセイリョウの理に反抗する詩の例だよ?

海外ドラマのスーツとか見てると高収入って面倒だなって思って書きました。

ホワイトカラーって言葉を知ってる人には分かりやすいかな?

高収入の人間の差別意識とか社交制限とか低学歴で低収入の人間には刃のように突き刺す通念として捉えちゃうんだよ。

韓国も泥のスプーンとか悩んでるでしょ。

でも、自分の出来ることをやり通せばそんなの別世界の話として気にせず生きていける。

でもこういうホワイトカラーの人間が社会情勢を動かしちゃうから文句も言いたくなるんだよ。

従う気を持たない意識を持ちたいね。」
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

しかしロックをサービスと捉えることに。

2017-06-17 17:08:26 | おともだちのみんなに大人を考えさせる作詞
難儀を催すこともあるよなー。

サービス気分でやらないこともロックだったからなー。

それを支持されることはあるけど、支持されないことに怒らなければ、サービスでやらなくてもいいよ。

〇〇〇ーをステージ中にするみたいにね。

それが自分を気持ち良くさせる為と表明することを指してるので。

でも文句言うなって言うのはお角違い。

支持してる奴はそれでいいなら、サービスにも兼ねてるんだよね。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

「Doctor is so sensitivity too」(博士も感受性さ)

2017-06-17 16:27:51 | おともだちのみんなに大人を考えさせる作詞
何を言うのも理解出来なくて

知ったかぶりでそれを指摘される

ドクター(オタク)に

知識の正確さを求め正解しか許さない彼らは

間違いを叩くのさ

ドクターも感受性

その人の正解に満たない作品は価値が無いとみなされる

人も価値が無いとみなされる

その正解って君の感受性だろ



世界の共通言語を勉強しろとせかしたてる

多くの人が思ってることを知れという

それはドクターじゃなくて受験さ

合格しろってことさ

間違いを突き止めて人を侮辱する奴らは

ドクターとも受験とも違う

血の匂いに引き寄せられる獣

それで論破になるとも思わないけどね



それはサービスだよ

悪い物に悪く言っていい物は

金を払ってる訳でもない物に悪口を言うのかい

サービス受けてる訳じゃないし

なら自分がサービスでなければ

君は君であることに文句を言われる筋合いはない

どんなに低劣でも

バカでも

未熟でも

君が臆する必要は無いんだ

サービスする気はあるかい?

ないなら君はどうとでもいいんだぜ

だから消費者根性でもいいんだぜ

未熟でもいいってことが知られればね













ルアキユト「うーん。でも仕事することはサービスだから未熟じゃ駄目なんだよ。仕事については。

でも自分がどんなに知識不足でも片寄った趣味しててもそれはサービスじゃないならどうとでもいいんだ。

子供は見てないかもしんないけど分かったかな?

あとどんなに低劣でも犯罪は駄目だよ?人を傷つけるのは無い方がいいんだから。」
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

どうしてこんなに俺の顔はキモイんだろう。

2017-06-11 12:27:20 | おともだちのみんなに大人を考えさせる作詞
セブンイレブンに買い物行って落胆。酷い。

森永のバナナラッテ売ってたので買ってきた。

味に少しクドさが加わってる・・

すごく美味しい飲み物だったというのに。

それで人の主体(自分)を奪うことでポピュラーなのが、

「レッテル張り」

で他人が自分の思う自分のイメージすら決めてしまうという業。

自分で自分のイメージを浮かべる時、他人の自分に対する悪口に左右されるのは、

主体性を他人に奪われてるのと一緒だと思う。

だから自分に対するイメージは自分の思いたい自分であろう。

でも他人の自分に対する印象は自分では決められない。

それは他人の主体だからね。

何かと他人に忌み名を付ける人は他人の主体性を奪いたい人です。

これが自分とは違う個としての他人を許さないという癖です。

他人が主体的になるのを許さないんです。

何故ならば他人が主体的になってる時、自分の主体がおざなりになってるから。

そういう人も主体的に成りたい人達ですね。

それで、悪口言ってる人の悪口の内容よりも言ってる人の心の悪さで気分を強く害します。

多分言ってる人の心の悪さで悪口の気持ち悪さが出ます。

同じバカでも言う人の心に寄って気分の悪く仕方が違います。

このように悪口言われる方も自分とは違う他人を許してないんでしょうね。

難しいな。

俺は本当に顔が汚くてキモイので、自分で嫌いです。

誰の顔なんだろうね。

大きくは言えませんがこれ。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加