お役立ち情報ブログ

日々の生活やビジネスにおいて役に立ちそうな情報を収集、公開しています。

北朝鮮「最悪ホテル」の実態…非常口に鍵、トイレは“洪水”

2016年09月18日 09時17分44秒 | 海外情報
 北朝鮮の金正恩朝鮮労働党委員長が核実験、ミサイル発射実験で世界に脅威を与える一方で、外貨獲得のため観光促進に躍起になっている。しかし、外国人宿泊に使われるホテルが旅行者の口コミサイトとして有名な「トリップアドバイザー」で酷評されている。英サン紙(電子版)などが報じた。

 個人での観光ビザ取得はとてつもない手間が掛かるため、ほとんどの観光客は中国の旅行代理店のツアーで、中国経由で北朝鮮に入国する。首都平壌では8つのホテルを宿泊先として提供。そのご自慢のホテルだが、同国を訪れた観光客に「最悪」と書かれている始末だ。なかでもぼろぼろのリャンガンホテルはトリップアドバイザーでは全くいい評価がつけられていないのが現状だ。

 リャンガンホテルに泊まった客は、狭苦しく薄汚い部屋にあるベッドや、シミだらけのテーブルクロスにのせられたとても食べられそうにもない食事や洗面室の汚いタイルの写真をアップロードしている。

 英国人客は「サービスなし、火災時の避難口には南京錠がかかっているほか、ほとんどの日でシャワーが使えなく、断水していたり電気も使えない状態。でも1週間しかいないから気にしないでいいのかもしれない」と投稿。

 中国人観光客は「汚く、寒く、おぞましいホテル。西側諸国の刑務所ですら、もう少し歓迎モードがあると思う。従業員をかなり洗脳しているので、私はこのホテルが嫌いだ。多くの北朝鮮人が最終的には金正恩氏の退任を望んでいる理由が分かる」とこき下ろしている。

 また別の英国人客は、「このホテルはショッキング。トイレを流したら、自分の足がびしょぬれになった。ベッドは硬く、床の方がまだ心地よかった。何かこのホテルの良いところを見つけようとしたが、できなかった」とコメントしている。

 あるツアーでは、4泊予定のリャンガンホテルへの苦情が多すぎて、途中でソサンホテルに移ることになった。

 エストニア人のデビッドさんは「ソサンホテルでも、お湯が全く出なかった。寒い日であったにもかかわらず暖房はほぼないに等しく、コートを羽織って歩き回らなければならなかった。北朝鮮の建物では、停電は少なくとも5~10分ごとに発生している。部屋全体が1970年代のように古くさく、木製のラジオが置いてあった。まるで古いジェームズ・ボンドの映画で見るような光景だった」と体験談をつづっている。

 そのほか、半分以上のコンセントが壊れていたり、電線がむき出しで床から出ていた、などの指摘もあった。フラット画面のテレビが設置されていたが、チャンネルは1つのみで、北朝鮮のプロパガンダを流すものだったという。
ジャンル:
経済
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 株式市場が怯える「10月暴落... | トップ | 「ビットコインはクレジット... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

海外情報」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。