社労士受験応援団!!

社労士を目指す人たちの勉強のヒントになるように過去問を交えながら、目指すは『合格』!!

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

適用事業について2

2009-12-20 11:45:15 | 今日の問題
社労士の合格を目指すみなさん、こんにちは。

12月も残り10日となってきましたね。

今年もまだまだ問題は続きます。


では本日の問題です。


適用事業に使用される労働者であれば、出入国管理及び難民認定法による在留資格ないし就労資格を有しない外国人にも、労災保険法の適用がある。


_____________________________________


答え 「 ○ 」 H5.10.6規発59号。

設問の通り正しいですん。

この設問の外国人であっても、賃金を支払われると労働基準法上の労働者に該当し、労災保険法が適用されます。

又、技能実習生として就労する外国人は労働基準法上の労働者に該当しますので、労災保険法の適用はありますが、「研修生」は入管法上報酬をうける活動が禁止されていますので、労災保険法の適用はありません。


では次の問題です。


派遣労働者は、派遣元事業主に雇用される労働者であるが、派遣先の指揮命令を受けて従事した労働によって生じた業務災害については、派遣先を労災保険の適用事業として保険給付が行われる。


_____________________________________


答え 「 × 」 S61.6.30規発383号。

派遣労働者については「派遣元」事業主が保険料を負担していますので、「派遣元」を労災保険の適用事業として保険給付が行われますので誤りです。



昨日は、シャララン・コンサルティング主催の第3会年末セミナーに行ってきました。
ことしは社労士として活躍されていらっしゃる長沢先生と内海先生より生の社労士の実態の話があり、また起業コンサルタントの松尾先生よりは、開業後のビジネスについて話しがありました。

その後は恒例の大忘年会。

ここで私のブログを見ていただいている受験生にお会いすることができました。
その受験生の方も、喜んでおられましたが、私こそ、このブログを継続していくモチベーションUPになりました。


まだまだブログを更新していくぞ!!

受験生のみなさん、来年は絶対合格するぞ!!


社労士受験応援団でした。

ジャンル:
受験
コメント (1)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 適用事業について。 | トップ | 通勤の定義について。 »
最近の画像もっと見る

1 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
Unknown (シャララン☆大沢)
2009-12-21 13:57:44
今年もご参加ありがとうございました!

年に一度お目にかかるこの場、大変ご満足いただけたようで嬉しかったです。

それに毎年「社労士受験応援団」さんを知っている受験生たちに偶然会える素敵な場でしょ♪

また来年!????

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む