人は、ふるさとびと

お帰りなさい と迎えて
下さる神様は、私達の
ふるさとなんです。

(記事はリンクフリーです♪)

短 信

2010-08-31 12:08:29 | スピリチュアル
 久しくごぶさたしたが元気でやってるかい。

 色々おもいなやむこともあるようだが、神様が

すべてみていて下さるのだ。祈りを忘れないこと

だよ。

 実際、祈りがすべてなのだ。祈りの他には何も

ないといってもいいぐらいなのだ。

 けれども以前よりは短気が治ってきたと嬉しく

思っている。

 五井先生だって毎日色々な人に接したからね、

いきおい気が長くなったよ。

 いらいらしなくなったというより、自分の本体を

みちゃったからね、光りかがやく人間の本体をみたら、

とたんにはらを立てるのが馬鹿馬鹿しくなったのだよ。


 だから感情の波がゆれ動いているようにみえても、

私は決してゆるがなかった。

 私の守護霊守護神がしっかりと神に土台をすえて

下さったのだ。


 神からすべては流れている。僕らは生かされている

生命なのだ。

 生きている生命とつい信仰をしているんでも

おもいがちだけれど、そうじゃない、徹底して

生かされたいのちなのだ。

 生かされているとおもうと、何もかもがありがたく

なってくる。自分に対していやなことをいう相手で

さえもありがたくなるものだ。

 なぜなら、自分というもの、我というものが

なくなっているんだから、ね、そうだろう。


 私なんかありがたいことだらけだよ、神界にいる

今も情けなくなったり思わず怒鳴りたくなるような

ことにも出会うけれど、それは、いつもいうように、

私が怒るんじゃない、みんなの守護霊、守護神を

とおしてのその人への業が五井昌久という場をかりる

だけだ。

 私はみんなの我を預かって、そしてそれを光にして

返しているんだよ。

 嫌なこと、辛いこと、そういうみんなの思いが、

つぶてのように私のところに飛んでくる。


 よく目にもとまらぬ早技というけれどそんなもの

じゃない。でも、奥の奥のいのちが、光そのものだと

いうことを知っているから、おそれる気持なんか

ないし、いくらでもいらっしゃい、みんな引き受け

ましょうということになったんだ。これは神様と私との

約束事だよ。


 業想念のつよさを私はよく知っている。そして光が

それに倍してすべてを明るくかえてゆくことを、私は

一番知っているんだ。

 だから安心している。未来永劫安心しているよ。


 君、人間というのは光だよ。それ以外の何物でもない。

 ただ、だからといって人間の心を粗末にしていい

などとはいわないよ。

 まだまだ、色々な気持も味わい、ゆれ動くことも多い

だろうが、いつも、私が君の側にいることを忘れないで、

日々世界平和の祈りを唱え精進してくれ給え。

 
                     昌 久







この記事をはてなブックマークに追加

気はやさしくて力持ち

2010-08-30 11:41:45 | スピリチュアル
気はやさしくて

力持ち

という言葉があるけれど

気というのは

たしかに

やさしいんです


気を

ずっとこうして

みていくと

細かいこまかい

光の粒

光の流れになるんです


光というのは

神からながれていて

人間のいのちの

大元(おおもと)

ですけれど

その光は

いいかえれば

神の愛

ですから

やさしくて

当然です


けれど

光というのは

ただただ

ベタベタと

甘いというもんじゃない

いうなら

慈愛です

みまもり

ですよね

じっと

みている


たとえば

あなた方ならあなた方が

苦しくて

うめき声を上げるのを

みている

すぐ助けりゃいいようなもんだけれど

助けちゃ何にもならないんです

それだけ

真実に

神をよんで

祈って

そして霊性を進化させていく


人間というのは

永遠に進化してゆく存在ですからね

苦しんでいるあなた方以上に

守護霊や守護神は

涙をながしながら

じっと

出てゆく時期(機)を

待ってるんです

みまもるやさしさってのも

だから大変ですよ


やさしさってのは

へなへなしたもんじゃないですね

いくつもいくつも

どうしてだろう

なぜだろう

というところを

通り越して

涙もながして

つよくなってさ

そういう

人生の苦労というものを

味わった末に

本当のやさしさってものは

出てくるもんですよ


神様の

やさしさだって

そうです

わざと

人を辛い目に

あわしたりなんかする

だけど

しっかりと

根本のところでは

支えてるんですよ

そうして

どこまで

つよくなれるか

本当にやさしくなれるか

本当の人間になれるか

みてるんですよ


人間ってのは

光にかえってゆく存在ですからね

自分が光であること

光を放っていることをしって

そして

それにもとらわれずに

祈ってゆく


そういうのが

本当の人間の姿ですから

本心本体

光そのままの

自分自身を

この肉体にもあらわしていって

人間が何も束縛されない

神の愛のなかで

自由に生きつづけてゆくものだ

ということを

世界平和の祈りのなかで

しるとき

人類と個人とは

完き平和を完成してゆくのであります


この記事をはてなブックマークに追加

本当の人間

2010-08-29 19:37:03 | スピリチュアル
人間とは何か・・・

誠実に生きてくればくるほど

みんなこの質問の前に一度や二度は

立ちつくします


自分の心のなかに

いくつもの自分の想いがあって

どれが自分なのだか

わけがわからなくなってしまう

そのうち

人間というものも

何なのかわからなくなる

自分というものを

問いつめてゆくこと

それが

とりもなおさず

人間について

考えてゆくこと

なのであります


しかし

迷ったり

悩んだり

かなしんだりする

そのなかを

グルグル廻っている

それが人間だという理解で

人間をとらえていきますと

かならず

行きづまってしまうのであります


こんなものじゃない筈だ

と思ったりする

感情の世界

自分が了解している範囲内で

人間をとらえていくということは

ある限定のなかで

自分自身をとらえる

ということになるのであります


そうではなく

人間というものは

無限定の世界から

みつめたときに

はじめてその本質が

あらわれてくるものなのであります


自由自在身

本心と本心が呼び合い

光と光が結び合う

かたちが必要なときには

かたちとなり

おもいを流すことが必要なときには

おもいを流してゆく

そういう自在さを

人間は本来

持っているものなのであります


人間は神の分生命であり

分霊である

ということはしばしば

申し上げているところでありますが

それは

無限定の神の大愛から

わかれてきた存在である

ということなのであります


あるがままにあることが

すなわち

光となり

愛となる存在

それが

神の愛

智慧であります

真理であり

真善美の世界であります

何をおもうということもなく

成すということもなく

そのままにあることが

いのちすこやかに生きる

ということになるのであります

朗らかに天のこころに従って

生きること

これが無為であります


自分自身を解放すればするだけ

人間は自らのいのちの流れに

すなおに

生きることになるのであります


自分自身を

本当にしってゆくには

どうすればよいか

何をすれば

真実の人間のすがたを

みることが

できるようになるか

と申しますと

それは祈りであります

人間は

祈って参りますときに

真実の自己に出合うのであります


悩みなら悩みをかかえたままで

苦しみなら苦しみをかかえたままでいいから

真実祈りに入ってゆきますと

朗らかな自分自身

すなわち

本心が

ひらいてゆくのであります


人間は

神の愛が

光となり霊となって

その肉体に息吹きとして

吹き込まれたものであります

肉体は

この地球世界を

浄化してゆくために

仮に身にまとった

衣にすぎないもので

祈りに入ってゆきますと

自分を生かして下さっている

光のいのち

霊なるいのち

愛なるいのちである

神へと

かえってゆくことになるのであります


世界平和の祈りを唱えますと

私どもはかならず

この

私どものたましいを

やすませいこわせる

私どもの家、ふるさとに帰ってゆくので

ありますから

本当にこころがやすらぎ

しみじみとよろこびが

湧き上がってくるのであります

それはまったく

自然(じねん)なことでありまして

人間というものは

よろこぶようにつくられており

祈りによって光がつよまり

深くなり私ども自身の

ありどころが

神であることを

しらされるように

なっているのであります


だから

祈るということは

つねに

自分の家を

おもい出し

確認するということに

他ならないのであります

そして

自分自身の本体の朗らかさを

しらされてゆくことに

他ならないのであります


人間として生きるということは

本来

神から分けられたよろこびのいのちを

うたい上げてゆく

ということでありまして

我々の奥にある自在身は

いつも

直霊の自分自身と結びついて

光のながれのなかに

身を任せているのであります


かなしみの裡にも光はあるのであります

我々の心が

どんな歎きに直面して

もだえておりましても

しずかに

光というものは

我々を守り導いているものなのであります


光は絶えざる神の愛であり

愛はすべてをつつみすべてを溶かして

ゆくものでありますから

ただ一つ残ったものは神の愛

というこの事実にむかって

我々は歩いてゆくのであります


肉体をまとい、この世に生きることで

味わう苦しみはすべて

我々の人生を深くするものではあっても

それらは、この現し世にとどまる

ものではなく、人間というものが本来

宇宙大にもひろがって本心の光

神の光とともにあり、その光のみが愛のみが

実は私たちいのちを養い私たちの裡に

とどまっているのだ

ということに気づかされるとき

人間というものは

本当に自由になってゆくのであります

そして人間のすがたというものも

みえてくるのであります


どんなにかなしんでいても

光が裡にある

ということは

人間というもののいのちの根が

明るく朗らかな

本心によって

つくられている

ということなのであります


この宇宙に

神の愛の気が流れている

それとおなじように

我々人間もまた

小宇宙として

世界平和の祈りのなかで

絶えず

光を放ってゆく存在者

なのであります


この記事をはてなブックマークに追加

ふるさとへの呼び声

2010-08-28 12:35:33 | スピリチュアル
水がながれるように

いのちは

本源の光にむかって

ながれてゆく


愛と

美と

平和を呼ぶ声が

どこからか

きこえる


平和の祈(の)り言のなかに

神を呼ぼう

私たちのふるさとへの呼び声を

高くしよう


自愛他愛

という声がきこえる

このひびきをたずねれば

さらに

ゆるしの光に出会うことになる


自分をゆるし

人をゆるし

このひびきのなか

光は

大円光となって

あたりをつつみ

人々をとらえる


ゆるしの光

やわらぎの光よ

あなたが

神の智恵と

愛とから

放射されていることを

私はしっている


そして

すべての人々の上に

このゆるしとやわらぎの光がおよび

それぞれが

愛の柱となって

この世界を平和にしてゆくことを

私はしらされている


神よ

あなたの大愛の何という深いことか

そのいつくしみのまなざしの前に

私は頭を垂れ

ただひたすらに

世界平和の祈り言をささげる


神よ

この地球そして宇宙に完全平和がおろされ

神のみこころが

それぞれの天命を

かがやかせるそのときまで

私は

印を結び

柏手を打ち

空っぽの場所となって

あなたの心を

伝えつづける


人よこの神の愛の前に

さあ世界平和の祈りを

ささげて

いこう


この記事をはてなブックマークに追加

神と人と

2010-08-27 13:01:03 | スピリチュアル
神と人と

人と神と

このしたしい

なごやかな

愛のまじわりを



人間は

光のなかに

みたのです


光をみて

むじゃきに

よろこんだ

人の心は

今も

ふところ

深く

眠っている


私は

その

眠りを

よびさますべく

この

地上に

つかわされたのです

この記事をはてなブックマークに追加